造園施工管理技士の仕事、業務内容

造園工事の施工管理全般に携わる国家資格

造園施工管理技士とは、国家資格である「施工管理技士」のうちの一種で、一般にはこの資格を持って働く人のことをいいます。

造園施工管理技士は、工事のなかでも「造園」を手掛ける仕事で、具体的には、造園の施工計画から工程管理、資材調達、品質管理、安全管理といった施工管理に携わります。

造園施工管理技士が関わる工事は、おもに公園や学校、広場、大型マンションや高層ビルの屋上緑化、道路の緑化、遊園地の造成など多岐にわたります。

造園工事は、通常の土木工事に比べれば規模は小さいことが多いですが、造園施工管理技士は造園工事を専門的に扱える高度な技術や知識を持った専門職として活躍することができます。

自然環境と景観の保全に貢献する造園施工管理技士の仕事は、社会的意義の大きなものといえるでしょう。

資格の種類によって業務範囲に違いがある

造園施工管理技士の資格は、「1級」と「2級」の2種類があります。

1級は、大規模な造園工事の現場において配置が義務付けられる「監理技術者」または「主任技術者」になることができます。

2級は、一般建設業の「主任技術者」になることができます。

つまり、1級を持っている人のほうが携わることができる業務の幅が広く、工事の技術的知識と管理能力の両方を備えた人材として活躍することができます。

就職先・活躍の場

造園施工管理技士は、おもに土木業や建設業、造園業の会社で働いています。

勤務先によって案件は異なりますが、ゴルフ場など広大な敷地を管理する仕事もあれば、公共施設の緑化事業、あるいは個人宅の庭園造りを手掛けることもあります。

最近では過密化した都市部において、ビルの屋上緑化など積極的に緑を取り入れようとする動きも強まり、造園施工管理技士の需要は高まっているといわれます。

なお、経験を積んだのちには独立して働くこともでき、ガーデンデザイナー、エクステリアデザイナー、庭師などとして、造園施工管理技士のスキルを生かして活躍する人もいます。

庭師の仕事