造園施工管理技士のやりがい、魅力

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

緑ある空間を創造することができる

造園施工管理技士は造園技術のエキスパートとして、現場の職人たちに指示を出しながら、緑ある空間を生み出していく仕事です。

最初は何もなかったところから計画を立てて工事が進み、頭の中のイメージが次第に理想の形になっていく様は感動的ですし、最終的に完成したときは毎回うれしく、「よくやったな」という気持ちになるものです。

造園工事は一般の土木工事に比べて、短い工期でいくつもの案件に取り組んでいくことが多いため、緑が好きで、なおかつ達成感をたくさん味わいたいタイプの人であれば、とくにやりがいを感じられるはずです。

環境保護にも関わっていく仕事

開発が進み、とくに都市部において自然が減っている現代社会。

個人邸における造園の仕事は減っているといわれますが、一方で社会全体で積極的に緑を増やそうという取り組みがあり、公共の造園工事や大型不動産開発の屋上緑化などの案件が増えているといわれます。

環境保護への関心が高まっている時代だからこそ、自然と関わり、緑ある空間を創り出すことで社会へ貢献していく造園施工管理技士の役割はさらに重要なものになっているといえます。

職人として技術を磨きながら、世の中のために貢献していくことができる日々に、やりがいを感じている人は多いようです。

さらなるステップアップが目指せる

造園施工管理技士は、造園工事現場の施工管理に携わることができる人材としてみなされます。

とくに1級まで取得しておけば活躍の幅が広がりますし、給与や待遇面なども、より有利な条件で働きやすくなります。

多くの造園会社では、現場の品質や安全まで管理できる確かな力を持った1級造園施工管理技士の資格者を管理職のポジションに抜擢しているため、この資格を取れば将来的にマネジメントまで任されるようになるなど、いち技術者としての枠を超えた責任ある仕事ができることも魅力といえます。