造園施工管理技士の現状と将来性

活躍できるチャンスはたくさんある

造園施工管理技士は、造園業において現場の施工管理を行うことができるスペシャリストとして位置づけられています。

国家資格であるため資格を生かしての転職がしやすく、とくに1級まで取得すれば勤務先の選択肢はさらに広がっていきます。

造園施工管理技士は個人邸の庭づくりはもちろんのこと公共工事に関わることもでき、「まちづくり」を行っていくうえでも重要な役割を担います。

都市化が進むなかで、ビルの屋上緑化や樹木管理などのニーズは徐々に増えているとされ、造園施工管理技士が活躍できる場は決して少なくありません。

現場で働きながらスキルアップ

造園施工管理技士は、おもに造園業を営む会社に勤務していますが、会社の規模は大手から個人経営の小さなところまでまちまちで、労働環境や働きやすさは、勤務先によってだいぶ異なっているようです。

会社によっては造園以外に建築や土木の工事も手掛けており、さまざまな仕事を任されることもあるようです。

いずれにしても、造園施工管理技士の資格は実務経験が必須となるため、まずは一般の技術者(職人)としてさまざまな現場で働きながらスキルアップに努めることが求められます。

造園施工管理技士として働いた経験を生かし、将来的には独立して庭づくりに関わるような働き方をしている人もいます。

マネジメントスキルのある人材が求められる

緑地工事、庭園工事、公園工事、道路緑化工事など、さまざまな造園工事はどのような時代にも行われており、現場監督になれる造園施工管理技士の将来性は明るいといえるでしょう。

できるだけ早く1級を取得すれば、携わることができる業務の幅が広がりますし、収入アップにもつながっていきます。

技術者としての確かなスキルを備えていることに加え、現場のメンバーを監督していけるマネジメントスキルまで身につけている人材が、多くの企業で必要とされているようです。