造園施工管理技士の就職、求人、募集の状況

造園施工管理技士の需要

時代とともに人口が多い地域では都市化が進む一方、環境保護意識の高まりなどを背景に、高層ビルやマンション、公園、遊園地といったさまざまな場所で、緑化対策が行われるケースが増えています。

造園施工管理技士は、こうした「緑あるまちづくり」を実現するために重要な役割を担っており、造園会社を中心に活躍しています。

いわゆる「庭師」といわれる人も多いですが、造園施工管理技士の資格を持っていれば主任技術者や監理技術者として、施工計画や工程管理といった責任あるポジションに就くことができます。

現代では個人邸における造園の仕事のニーズは減少傾向にあるといわれますが、先に挙げたような理由から、どのような時代でも一定の需要がある仕事だといえるでしょう。

資格を取得すると有利に

造園施工管理技士の資格は所定の実務経験を積まなくては取得できないため、最初は資格がない状態で造園会社などへ就職し、現場経験を積んでいくことになるでしょう。

スキルがあれば資格がなくてもそれなりの仕事は任されていきますが、資格を持っていれば転職時に有利になるほか、社内で資格手当が支給されるなどプラスの評価がもらえることもあります。

また、業界内で行われている「経営事項審査」という評価制度では、社内に造園施工管理技士の有資格者を持つ会社がより高く評価されます。

とくに1級造園施工管理技士の資格まで取得すれば、さまざまな場所で有利に働ける可能性が高まります。

就職先の選び方

造園業を手掛けている会社は多いですが、おもに個人をお客さまとする会社もあれば、公共の造園工事や大型不動産開発にも携わることができる会社などさまざまです。

なかには個人経営の小さな会社もあり、そうしたところは労働環境があまりよくなかったり、福利厚生が充実していなかったりするところもあるようです。

就職先を探す際には、自分が将来どうなっていきたいかまで見据えて、安心してスキルアップができるような会社を選ぶとよいでしょう。