造園施工管理技士の一日

造園施工管理技士の過ごし方は?

造園施工管理技士は、造園の工事現場において、おもに施工計画の立案や工程管理、品質管理、安全管理といった施工管理全般を担当します。

現場に出て職人と一緒に作業をすることもありますが、事務所でのデスクワークも多くあります。

実際には、勤務先や働き方によって仕事内容が若干異なってきますが、ここでは代表的な活躍の場となる造園会社における造園施工管理技士の1日のおもなスケジュールについて紹介します。

造園会社で働く造園施工管理技士のある1日

7:45 出勤
造園業の朝は早いことが特徴です。車で現場に直行することも。
8:00 朝礼
朝礼では元気に声出しと、メンバー全員でその日の作業内容や危険事項の確認をします。

チームを管理する造園施工管理技士は、体調の悪そうなメンバーがいないかなどもチェックします。

8:30 施工開始
現場に異常がないかを見て回り、必要に応じて職人たちに指示を出していきます。
10:00 打ち合わせ
事務所で他の管理者と一緒に、今後の作業内容についての打ち合わせをします。
12:00 昼休憩
体力仕事であるため、休憩はきちんと管理してとっていきます。

昼食の弁当を食べてリフレッシュ。

13:00 進捗チェック
再び現場に出て、作業が順調に進んでいるかどうかをチェックします。
14:00 資料作成など
工程管理表の作成といった施工管理業務を行います。
17:00 施工終了
当日の施工が終わると、ここからは落ち着いてデスクワークに取り組みます。
18:30 翌日の準備
施工報告書を作成し、明日以降の施工の下準備や工程表の確認などを入念に行います。
19:00 退社
なるべく効率よく仕事を終わらせて、すみやかに帰宅します。