造園施工管理技士の転職事情

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

転職希望者向けの求人状況について

造園施工管理技士のおもな勤務先は造園会社となります。

造園施工管理技士は誰もが簡単になれる職種ではないため、造園会社ではつねに造園施工管理技士を求めているところも珍しくありません。

しかし、実際に造園の仕事のみを手掛ける会社は一部であり、土木の求人がメインであり、その中に造園業も含まれるといったケースが多いようです。

なお、造園施工管理技士の資格は一定の実務経験を積んでいかなければ取得できないため、この資格を持っている人はそれなりのスキルがあるとみなされ、転職も有利になるでしょう。

とくに「1級」の資格を持っていれば、携わることができる業務範囲が広がり、給与面などでも優遇されやすくなります。

必要なスキルは?

造園施工管理技士の転職者向け求人では、造園施工管理技士の資格のほか、車を使って現場に出向くことがあるため「普通自動車免許」も必須資格に掲げられていることが多いようです。

造園の場合、建築や土木に比べると少人数で実施する工事が一般的で、造園施工管理技士は施行管理全般の仕事に携わることが多いようです。

技術者としてのスキルはもちろんですが、チームを率いてまとめていくリーダーシップやマネジメントスキル、コミュニケーションスキル、事務処理能力などまで持っている人は、さまざまな会社で求められるでしょう。

さまざまな会社の情報を集める

造園業は「職人」的な要素も濃い仕事であり、造園施工管理技士が働く造園会社のなかには大きな組織もあれば、個人経営の小さなところも存在します。

会社ごとに給料や待遇などもだいぶ異なり、経験次第では見習いからスタートすることもあるようです。

ただし、造園施工管理技士の資格を持ってそれなりのスキルを持っていれば、会社の中核を担う存在として活躍することもできます。

会社ごとに働く環境はだいぶ異なってくるため、転職を考える際はいろいろな情報を集めてみることをおすすめします。