薬剤師の勤務時間、休日

店舗の開業時間に合わせた勤務

薬剤師の代表的な活躍の場は、調剤薬局です。調剤薬局で働く薬剤師は、店舗の開業時間に合わせて9時〜17時頃に仕事をするのが一般的です。

朝、出勤したら白衣に着替えて店舗の開業準備をします。9時頃に店舗が開業したら、薬局を訪れる患者さんから処方せんを受け取り、調剤作業を行います。

病院が混みあう午前中は、どうしても調剤薬局も忙しくなります。昼休みは交替で取ることが多く、45分〜1時間ほど昼食休憩を取ります。終業は、店舗を閉めて片付けが終わってから17時頃になることが多いようです。

比較的残業は少ないですが、研修などで診療時間後に残らなければならないこともあります。また、週明けや大型連休の前は患者さんが多く、定時には終わらずに残業になることもあります。

そのぶん日曜日や祝日など世間の休日には休めるのが一般的です。

病院・製薬会社の薬剤師は夜勤も

病院で働く薬剤師の場合も、基本的には病院が開院している日中の業務がメインになります。朝の9時頃から勤務し、入院患者さんの注射薬や点滴用の輸液などを取りそろえ、夕方17時頃には勤務を終えます。

ただし、注射や点滴は24時間、休日や祝日も行われるものであることが多いため、病院によっては薬剤師も休日出勤や夜勤をすることがあります。

また、製薬会社に勤める薬剤師の場合は、一般的なサラリーマンに近い勤務形態になります。基本的には9時〜18時の勤務ですが、出張や残業も多くあります。休日も、土日や祝日に休めるとは限りません。

特に、医薬情報担当者(MR)として働く場合は、取引先に合わせた勤務になるため定時に仕事を終えられるというわけではありませんし、打ち合わせの前日には夜遅くまで資料を作成するようなことも多くあります。

ドラックストアは勤務時間が長い傾向

ドラッグストアは、夜遅くまで営業しているところもあり、勤務時間がシフト制になるケースが多くなります。レジや品出しなどの薬剤師以外の仕事もしなければならないため、勤務時間が長くなりがちです。

また、土日も店舗が開いているため、休日はシフト制となります。