薬剤師の1日

薬剤師のタイムスケジュール

薬剤師の代表的な活躍の場は、調剤薬局です。調剤薬局で働く薬剤師は、店舗の開業時間に合わせて9時〜17時頃に働くのが一般的です。

一日の流れは、このようになります。

8:40 出社、白衣に着替える、計測機械の電源を入れる
9:00 店舗の開業、患者さんの処方せんを受け取って調剤作業へ
13:00 昼食休憩
14:00 病院の午後の診療再開とともに、再び調剤作業へ
16:00 空き時間を利用して、薬の仕分けや在庫確認、発注作業
17:00 店舗を閉めて売り上げ状況を確認、退社

調剤作業に追われる午前中

朝、出勤したらまずは白衣に着替えます。それから薬を測る機械の電源を入れたり、簡単に清掃をしたりして、店舗の開業準備をします。

9時頃に店舗が開業したら、早速調剤作業が始まります。患者さんから処方せんを受け取ったあと、病状に関する簡単なカウンセリングを行い、問題がなければ薬を調剤して手渡します。

それぞれの患者さんがどんな薬を服用しているかを記録した「お薬手帳」を発行することもありますし、患者さんからの質問や相談に応えることもあります。

病院が混みあう午前中は、どうしても調剤薬局も忙しくなりがちです。朝一番の患者さんから午前中最後の患者さんが終わるまで、薬剤師はほとんど休憩をとることもなく立ちっぱなしで働くことも多いのです。

昼休みは交替で取ることが多く、45分〜1時間ほど昼食休憩を取ります。

在庫確認や発注の作業も

午後15時頃〜16時頃になると、少し患者さんが減ってきて落ち着くことが多く、この時間を利用してこまごまとした作業を行います。

よく出る薬を仕分けして準備したり、薬の在庫を確認して足りないものを発注したりするような作業です。

17時を過ぎて店舗の閉業時間になると、シャッターを下ろして店を閉める作業をします。その日の売り上げを計算して、在庫を確認したら業務の終了です。

ただし、週明けや大型連休の前は患者さんが多く、定時には仕事が終わらないこともあります。こうしたときは、残業を行うこともあります。