薬剤師が勉強すること

大学での勉強

薬剤師になるには、大学での6年制の薬剤師養成課程を卒業する必要があります。

薬剤師の国家試験に合格するため、大学では多くのカリキュラムが組まれています。

一般的に、1・2年次では「有機化学」「分析化学」「物理化学」「生化学」「機能生体学」など、専門知識の基礎となる科目を中心に学びます。

3・4年次になると、それまでの知識を基礎として、「応用薬学」や「医療」について勉強します。また「薬理学」や「薬剤学」「薬理学」などの専門知識を習得します。

5・6年次では大学での授業は少なくなり、病院や薬局での実務実習など、実際の臨床の現場で学ぶ機会が多くなります。

薬剤師になってからも勉強が必要

新薬の開発や研究は日進月歩で進められ、薬や医療に関する情報は日々更新されます。それにあわせて、病気の治療も変化していきます。

大学を卒業して薬剤師になってからも、最新の情報を取り入れ、新たな知識を身に付けるために日々の勉強が必要です。

個人的な勉強のほかに、製薬企業や病院薬剤師会が主催する勉強会、また社内での勉強会に参加して勉強します。

医学や薬学関連の学術大会に参加する場合もあります。

キャリアアップを目指すための勉強
一定分野での知識や技術を有する薬剤師には、各種医療関連団体から「認定薬剤師」や「専門薬剤師」として認定証が発行されます。

それぞれの資格のレベルや価値はさまざまですが、キャリアアップにつながる場合も多く、資格取得のために勉強する薬剤師も少なくありません。

認定薬剤師には、

・がんの薬物療法の専門家「がん認定薬剤師」(日本医療薬学会)
・精神科で扱う薬物の専門的知識をもつ薬剤師「精神科認定薬剤師」(日本病院薬剤師会)
・胎児・哺乳児への移行も考慮しながら行う妊婦・授乳婦への薬物療法の専門家「妊婦・授乳婦認定薬剤師」(日本病院薬剤師会)

など、さまざまな種類があります。

特定の専門分野に関して十分な知識と技術をもつことが証明され、さらに研修に参加したり試験に合格すると認定薬剤師の各種認定証が発行されます。

認定薬剤師を取得後、他の薬剤師への指導的役割を果たし、研究活動を行い、さらに試験に合格して専門薬剤師となる場合が多いようです。