サッカー選手の給料・年収・年俸

プロ野球選手との違い

Jリーガーの年俸は、実力、実績主義が徹底されています。高校や大学時代にどれほどスター選手だったとしても、Jリーガーとしての実績がなければ、高額年俸はもらえません。

大卒のドラフト1位で「契約金1億円、年俸1500万円」という例もある日本のプロ野球選手とは違うところです。

Jリーグでは「契約金」もありません。年俸の高騰によってクラブの経営状況を悪化させないための配慮です。

年俸の制限はないが、人数制限のあるA契約

Jリーグは、選手契約について3つの段階が設定されています。リーグ戦に出場する選手の契約は、多くの場合「A契約」です。

A契約は1チーム25人までという制限があります。また、J1のチームは15人以上、J2のチームは5人以上の選手とA契約を結ばなければなりません。

A契約は年俸に制限は設けられていませんが、現在、年俸1億円以上の日本人選手はJリーグ全体で10人いません。また、年俸は、選手の実力、実績の他にもチームの経営状況によって大きな差があるというのが現状です。

マスコミ報道によれば、J1の主力クラスで1000万円〜6000万円、J2の主力クラスで800万円〜2000万円というのが相場のようです。

ただし、新人選手がA契約を結ぶ場合、初年度は報酬の総額が700万円以下に制限されています。2年目以降もA契約を結ぶと、年収の上限はなくなります。

人数制限ないが、年俸の上限のあるB契約

「B契約」は、所定の出場時間をクリアした選手で、A契約以外の選手が結びます。年俸の上限は480万円となっています。人数制限はありません。

チームによってJリーグの公式戦に出場する他、地域別に行われている育成リーグやアマチュアチームとの練習試合などに出場する選手もいます。

新卒入団の選手が結ぶC契約

新卒入団の選手は、通常、「C契約」を結びます。C契約はB契約と同様、年俸の上限が480万円となっています。現実には、選手の実力やチームの経営状況によって200万円前後の選手もいるようです。

C契約の選手が、公式戦において所定の出場時間をクリアすれば、A契約、またはB契約を交わすことができます。その時間はJ1が450分(5試合のフル出場に相当)、J2が900分(10試合のフル出場に相当)となっています。

C契約は、在籍4年目以降の選手と交わすことができません。そのため、高卒、大卒とも在籍3年間で戦力外通告を受けるケースが多くなっています。