サッカー選手になるための練習方法・トレーニングの内容

リフティングでボールの中心感覚を身につける

サッカーの基本はボールを蹴ることです。

サッカーをする上で最も重要になる基本技術を身につけるには、まずはボールを正確に蹴れなければいけません。

スポーツ科学者の間では、「ボールの中心感覚」という考え方が話題になることがあります。

サッカーボールは中が空洞ですので「芯」はありませんが、感覚としてボールの中心点がわかるかどうかが、サッカーのプレーに大きく影響するという考え方です。

ボールを蹴る瞬間に、ボールの中心点を感覚的にとらえます。

中心点に向けてパシッとミートしてまっすぐに蹴ったり、わずかに中心点を外すことで回転をかけたりします。

キックの精度を上げようと思えば、動いているボールの中心点が一瞬のうちにわかるような感覚を身につけることが大切です。

ボールの中心感覚を身につける最適のトレーニングがリフティングです。

リフティングは回数にこだわるより、ボールの中心点を意識しながら行うことがサッカーのプレーの上達にも結びつくといわれています。

自分の武器となる技術を徹底的に磨く

サッカーは個人の技術をチーム戦術の中で生かすことによって強いチームがつくられるスポーツです。

サッカー選手には、「個人の技術」と「チームの戦術を理解して実践する力」の両方が必要です。

しかし、プロになるためにはまず個人の技術を磨くことが欠かせません。

育成年代、とくに小学生くらいの段階では、チーム戦術よりも個人の技術を向上させることに力を入れる傾向が強いです。

チームの戦術にこだわり過ぎず、ドリブルが得意な選手はドリブルの能力を、パスが得意な選手はパスの能力を徹底的に磨くことが重要です。

いいチームをつくるにはチーム戦術ももちろん大事ですが、まずは個人の技術を磨かなければサッカー選手として大成することはありません。

自分はどんなプレーが得意でどんなプレースタイルの選手になりたいのかを考え、そのためのテクニックを磨く練習に力を入れることが大切です。

その技術がいずれ、プロサッカー選手を目指す上で大きな武器となります。

サッカーノートを書く

トップレベルのサッカー選手は、サッカーノートを書いている人が多いです。

サッカーノートに日々の練習メニューや練習で感じたこと、短期、中期、長期の目標などを書き込むことで、成長し続けるためのモチベーションを維持できます。

サッカーノートを書いているトップ選手で有名なのは、中村俊輔選手と本田圭佑選手です。

どちらも日本代表として大活躍し、ヨーロッパでもプレーした日本を代表するトップ選手ですが、プロ入り前からサッカーノートを毎日書いていました。

サッカーの技術を磨くことも重要ですが、闇雲に練習しているだけでは努力を継続するのが難しいこともありますし、目標に到達できません。

サッカーノートの書き方や使い方は選手によって違いますが、基本的な部分は共通しています。

まずは月単位の目標を決め、次に日単位の目標を決めてノートに毎日記しましょう。

1日が終わったらノートを見直して、目標が達成できたかを確認し、新しい課題や目標を書き出して明日に備えます。

地道な作業ですが、この繰り返しを毎日行うことがプロサッカー選手になるための近道です。