サッカー選手に必要な身長・筋肉は? 体脂肪率はどれくらい?

平均身長はポジションによって大きな差がある

Jリーガーの平均身長は約178cm、平均体重は約72キロです。

しかし、サッカーはポジションによって求められる体格やその傾向がまったく異なるスポーツですから、ポジションごとに見ていく必要があります。

平均身長が最も高いポジションはゴールキーパーで、J1の登録選手の平均は188cmほどです。

次に平均身長が高いポジションはディフェンダーで約180cm、続いてフォワードが約177cmとなっています。

反対に、最も平均身長が低いポジションはミッドフィールダーで約174cmです。

高身長が有利に働くゴールキーパーやセンターバックのポジションは大半の選手が180cmを超えており、フォワードに関してはプレースタイルによって身長はさまざまです。

150cm台の身長でも一流選手になれる

サッカーは小柄な選手でも一流の選手になれる数少ないスポーツの一つです。

サッカーの歴史上で、最高の選手の一人に数えられるディエゴ・マラドーナ選手は165cmと非常に小柄ですし、現在のベストプレーヤーであるリオネル・メッシ選手も170㎝と身長は高くありません。

Jリーガーの平均身長を見てもわかるように、ミッドフィールダーには小柄な選手も数多くいます。

ミッドフィールダーでは160cm台の身長の選手も珍しくはなく、なかには150cm台のトッププレーヤーも存在します。

北海道コンサドーレ札幌でプレーするタイ代表のミッドフィールダー、チャナティップ選手の身長は158cmしかありません。

小柄ではあっても足元の技術が突出して高く、ボディーバランスのよさを生かしたドリブルからのシュートやパスでチームの攻撃を引っ張っています。

2018年にはJリーグの年間ベストイレブンにも選出された実力者で、150cm台の身長でも一流の選手になれることを証明している一人です。

サッカー選手に最も必要なのは体幹

Jリーガーの平均身長と平均体重からもわかるように、サッカー選手の体にはラグビー選手のような大きな筋肉がついているわけではありません。

サッカー選手に求められるのはボールや相手の動きに対して素早く反応できる俊敏性や、その中でボールを正確にコントロールできる安定性などです。

必要な筋肉量も厳密にはポジションやプレースタイルによって異なりますが、すべての選手が鍛えなければいけないのは体幹です。

相手とコンタクトしながらボディバランスを保ち、不安定な大勢でもボールを正確にコントロールする力が体幹の強化によって身につきます。

体幹を鍛えることで瞬間的な動き出しの速さも向上し、全体的にプレーの質が高まります。

体脂肪率は10%未満

サッカー選手の体脂肪率は10%前後の人が多く、体脂肪率が15%近くなるとプレーに悪影響が出るといわれています。

トップ選手のなかには体脂肪率5%前後の選手もおり、元日本代表の中心選手として活躍した中田英寿選手の体脂肪率は4%でした。

サッカー界では体重よりも体脂肪率を重視されることが多く、チームでも選手の体脂肪率の数値は細かくチェックしています。

チームによっては、体脂肪率が10%を超えた選手には栄養面の指導が入ることもあります。

体脂肪率はサッカーのパフォーマンスと関係性が高く、サッカー選手が目指すべき体脂肪率の目安は10%未満です。