サッカー選手のやりがい・楽しさ・魅力

サッカー選手のやりがい・楽しさ

チームの勝利に貢献すること

サッカー選手にとっての最大のやりがいは、チームの勝利に貢献することです。

試合後のチームバスの中も、勝ったときと負けたときでは雰囲気がまるで違います。

勝って帰るときは雰囲気も明るく、選手たちの表情もイキイキしています。

もちろんチームの勝利は一番ですが、自分自身がどれくらい勝利に貢献できたかも重要です。

試合に勝っても自分のミスが多かったり、実力を発揮し切れていないと手放しでは喜べません。

勝利に貢献できなかったことが悔しければ、その思いを「やりがい」に変えて翌日からの練習や次の試合に臨むことが大切です。

活躍次第で年俸が上がっていくこと

Jリーグで主力としてプレーしている選手は、多くが20代前半から30代半ばくらいです。

20歳前後でJリーグのチームと契約しても、なかなかトップチームの試合には出られません。

練習時にアピールして周りに少しずつ認められ、トップチームのレギュラーに一歩ずつ近づいていくことも、若い選手にとっては大きなやりがいです。

Jリーグのチームに入団すると、最初は「C契約」を結びます。

C契約は、年俸の上限が480万円と決まっています。

C契約で規定の出場時間などをクリアすれば、「A契約(年俸の制限はないが、1チーム25人以内)」や「B契約(年俸の上限は480万円で人数制限なし)」を結ぶことができ、年俸もアップしていきます。

実力次第で収入が大幅に増えることも、選手にとっては大きなやりがいです。

サッカー選手の仕事内容

サッカー選手の魅力

大好きなサッカーを仕事にできる

大半の選手は小学生時代にサッカーを始めますが、中学、高校と進むと徐々にプレーする人数は減っていきます。

現在、高校生でサッカーをしている生徒は、高体連の統計によると全国で男子が約16万人、女子が約1万人です。

将来的にプロリーグ(男子はJリーグ、女子は2021年に開幕するWEリーグ)の選手になれるのは、男子が1学年で数十人〜100人ほど、女子も数十人といわれます。

プロサッカー選手としてプレーできるのは一握りの選手だけであり、大好きなサッカーを職業にできることは大きな魅力です。

日本代表としてプレーできるチャンスもある

Jリーグで活躍すれば、日本代表に選ばれる可能性があります。

日本代表としてワールドカップなどの国際大会でプレーすることは、サッカー選手の大きな目標の一つです。

「日の丸の重み」とよくいわれるように、日本代表は大変なプレッシャーを背負ってピッチに立ちます。

サッカーのワールドカップは今や日本でも国民的な大会ですから、他競技以上に日本中からの熱い視線を浴びることになります。

日本代表になれば多くの国民から応援してもらえるのも、サッカー選手の魅力の一つです。

海外のビッグクラブを目指せる

日本代表となって国際大会で活躍すれば、海外のクラブから獲得のオファーが来る可能性もあります。

海外でステップアップしてビッグクラブと契約できれば、年俸もケタ違いです。

たとえばイタリアの名門であるACミランでプレーしていた本田圭佑選手は、報道によれば年俸が約7億7,000万円で、3年半の契約で総額は約27億円だったといわれています。

世界のトップクラブでプレーする選手になれば、莫大な収入を手にできる可能性もあります。