サッカー選手の現状と将来性

サッカー選手の現状

日本のプロサッカーリーグ「Jリーグ」は、1993年に創設されました。

世界のサッカー界からも、Jリーグは成功例として広く認められています。

Jリーグは1試合平均で1万5000人以上の観客を集めており、チーム数もスタート時の10クラブから、2020年シーズンはJ1からJ3までで計56クラブに増えています。

プロ契約を結ぶ日本人選手は約1,000人を数え、香川真司、本田圭佑、長友佑都、南野拓実らのようにJリーグを経て海外の有名チームで活躍する選手も多くなりました。

日本代表もJリーグ創設後、アジアの強豪国の一つに成長し、ワールドカップ出場の常連国となっています。

いまやJリーグはプロ野球と並んで、日本でも最大のメジャープロスポーツといえます。

J1クラブのレギュラークラスは年俸2,000万円を超えている選手が多く、海外リーグで成功すれば数億円の年俸を手にすることも可能です。

プロサッカー選手はサッカー少年たちの憧れであり、夢のある職業です。

サッカー選手の今後の動向

Jリーグはもともと、ヨーロッパの各地域に根付いているようなスポーツ文化を、日本にも定着させたいという思いから始まっています。

ヨーロッパの町には人口に見合った規模のスポーツクラブがあり、子どもから高齢者まで家族そろってさまざまなスポーツを楽しんでいます。

サッカークラブはその一つとして存在しており、トップチームはその町の誇りであり、憧れであり、町の仲間です。

Jリーグのクラブも、スポーツ文化の一つとして地域に根付いた存在になれることを目標としており、その理想を実現させるために掲げられているのが「百年構想」です。

「百年構想」では、全国各地に芝生に覆われた広場やスポーツ施設があり、地域の人たちがスポーツに親しめる環境を整えるために、より多くのJリーグクラブが存在することを推奨しています。

Jリーグを目指すクラブチームは今後さらに増え、プロ契約するJリーガーの数も増えていくことが予想されます。

サッカー選手の将来性

サッカーは、世界の最も広い地域で愛されている人気スポーツの一つです。

サッカー選手も今後、さらに大きな可能性が広がっていく職業といえます。

近年は日本代表もワールドカップで世界の強豪国と互角に近い戦いをできるようになり、ヨーロッパのビッグクラブでプレーする日本人選手も出てきました。

世界のサッカー界の日本サッカーを見る目は確実に上がってきていますから、今後も日本人のサッカー選手が活躍する場は広がるでしょう。

サッカーは世界のほとんどの国で人気スポーツであることも大きな強みです。

近年はタイをはじめとするアジアのリーグが発展し、多くの日本人選手がプレーするようになっています。

今後もプロサッカーリーグが発展していく国は増えていくことが予想され、日本人選手の職場も世界中に拡大していくと考えられます。

南野拓実選手のように世界最高峰のチームでプレーすることを目指すのがすべてではなく、さまざまな形の「海外挑戦」が可能になる時代となるでしょう。

近年は海外で活躍するサッカー指導者も増えてきていますから、セカンドキャリアも含めて世界を視野に入れることのできる職業です。