鍼灸師資格はスポーツトレーナーになるのに有利?

スポーツの世界で活躍する鍼灸師

鍼灸というと、一般の人が肩こりや腰痛などの改善を目的に、街の治療院へ通うというイメージが根付いているかもしれません。

しかし、近年スポーツの世界でも鍼灸が取り入れられ注目を集めています。

スポーツ選手やアスリートがコンディション調整やリハビリテーション、疲労回復などのために鍼灸師の施術を受けることも珍しくありません。

なかには、はじめからスポーツ分野で活躍する鍼灸師になることを目指して、「はり師」「きゅう師」の国家資格取得に向けた勉強をしている人もいるようです。

スポーツ分野での鍼灸師の活躍

スポーツ分野での活躍の場は、プロ野球やJリーグなどのスポーツチーム、サッカーのJリーグやバスケットボールのbjリーグ、企業が抱えるさまざまな競技チーム、全国のクラブチームや大学、高校などのチームです。

スポーツ分野で活躍する鍼灸師は、プロスポーツチームや社会人スポーツチームなどの専属トレーナーになったり、フリーランスのスポーツトレーナーになったりして働いている人が多いようです。

また、スポーツ現場へのトレーナーの派遣サービスを手掛ける治療院に勤務している人もいます。

まだ新しい職業のため、求人はそこまで多くないものの、スポーツ界からは確実に需要のある仕事です。

ちなみに「スポーツトレーナー」として仕事をしている人の多くは、「はり師」「きゅう師」や「柔道整復師」および「アスレティックトレーナー」の資格を持っていることが多いのが特徴です。

このように複数の資格を所持していると、さまざまな角度から選手の体づくりやケアに携わることができるほか、選手やアスリートから信頼を得られやすいでしょう。

スポーツトレーナーの仕事
アスレティックトレーナーの仕事

スポーツ分野で活躍する鍼灸師になるには

スポーツ分野に強い学校へ進学する

鍼灸師としてスポーツ分野で活躍したい場合も、一般の鍼灸師と同様、「はり師」「きゅう師」の国家資格を取得しなくてはなりません。

したがって、認定の養成施設で学び、養成課程を修了して国家試験を受験することになります。

はじめからスポーツ分野での活躍を考え、スポーツに強い鍼灸師を目指す場合、スポーツに関する学びが多くできる専門学校を選ぶとよいでしょう。

養成施設のなかには、鍼灸師の養成課程でありながらスポーツトレーナーになることを目指したカリキュラムが用意されている学校もあるため、そうした学校で専門知識を学ぶのがおすすめです。

実績と人脈が大切

ただし、国家資格を取得したからといってすぐにスポーツ界で鍼灸師として働くことは難しいのが現状です。

スポーツ分野で働く鍼灸師の公募も、ほとんどないと考える方がいいでしょう。

採用は、鍼灸師としての実績と人脈が大きなポイントとなります。

そのため、いったん鍼灸院などに就職してそれぞれの施設で勤務する人が多くなっています。

患者として訪れるスポーツ選手への施術をしたり、大学や高校などへ派遣されたりして、鍼灸師として経験を積む一方、人脈やコネクションを作りスポーツ界へ入っていくのが最も一般的なルートとなっています。