鍼灸師の1日・生活スタイル

鍼灸師の業務スケジュール

鍼灸師の1日の過ごし方は、勤務先や雇用形態等によって異なっています。

鍼灸院に勤めている鍼灸師の場合は、朝から夕方過ぎくらいかけての鍼灸院の営業時間に合わせた勤務が基本となります。

都市部などでは夜遅くまで診療を行う治療院もあり「シフト制勤務」になることが一般的です。

患者さんからの依頼に応じて出張訪問を行う場合は、患者さんの都合に合わせて働くこともあり、勤務時間が不規則になることも少なくありません。

もし鍼灸師として独立開業すれば、自分で決めた診療時間を中心に働くことになるでしょう。

治療院で働く鍼灸師の1日

8:30 出勤

出勤すると、院長や他のスタッフに挨拶をし、白衣に着替えます。
その後、洗濯済みのシーツをベッドにかけて院内を掃除。
治療に使用する道具がきちんと整っているかも確認します。

8:45 ミーティング

院長や他のスタッフと一緒に、本日の予定を確認するなど簡単なミーティングを行います。

9:00 診療開始

朝一番の患者さんが来院されます。
基本的には予約診療のため、患者さん一人ひとりとよくコミュニケーションをとり、体調や様子の変化をじっくりと確認しながら治療を行うように心がけています。

12:00 休憩

午前の治療がすべて終わると、昼休憩に入ります。

14:00 診療開始

午後も次々と患者さんが来院されます。
一人あたりの治療は30分程度から、長い人だと2時間ほどかけることもあります。

19:00 診療終了・片付け

1日の治療がすべて終了したら、鍼灸院に戻って道具を片付けたり、カルテを作成したりします。

とくに掃除と消毒は徹底。院内がきれいな状態に整ったら、院長たちとミーティングを行い、帰宅します。

高齢者向けの訪問鍼灸で働く鍼灸師の1日

8:30 勤務開始

治療に使う道具を用意したら、車で患者さんのご自宅へ出発します。

9:00 患者さん宅に到着

なじみの患者さんのため、症状に変わりはないか、治療後の経過はどうかなどコミュニケーションをとりながら施術を行います。
病気やケガで動けない人や、寝たきりのお年寄りなど、在宅で鍼灸治療を受けたいと話す人が増えつつあります。

10:30 次の患者さんのもとへ

予約が入っている日は次々と患者さんのもとへ伺います。
在宅されている患者さんは、鍼灸師の訪問を楽しみにしてくれている人も多いので、笑顔で対応します。

12:00 休憩

昼は時間があれば自宅に戻って休憩したり、忙しいときには車の中で休憩したりします。

14:00 介護施設を訪問

提携している介護施設を訪問し、利用者に対して治療を行います。
介護施設には看護士も常駐しているため、その人の症状や普段の様子を聞きながら必要な治療を施していきます。

介護施設では何人もの患者を診るため、人数や症状によっては予想以上に時間がかかってしまうこともありますが、一人ひとり丁寧に診ていきます。

17:00 仕事終了

夜の予約が入らない場合はここで仕事を終了し、帰宅します。

鍼灸師の勤務時間・休日