鍼灸師の仕事とは? わかりやすく仕事内容を紹介

鍼灸師は、さまざまな不調に悩まされる現代人にとって頼れる仕事のひとつです。

本記事では、鍼灸師の業務内容からその役割、仕事の流れなどを紹介します。

鍼灸師の仕事とは

鍼灸師(しんきゅうし)とは、「はり師」と「きゅう師」の2つの国家資格を持っている人のことです。

はり師ときゅう師は別々の資格ですが、両方の資格を同時に受験するケースが多く、また両方の施術を行う人が多いため一般的に鍼灸師と呼ばれていますが、「鍼灸師」という資格はありません。

鍼灸師の仕事は、身体に鍼(はり)や灸(きゅう)を用いた刺激を与えることで、さまざまな疾病の治療や健康増進を促すことのできる医療技術である「鍼灸」を行うことです。

この鍼灸は古代中国に発生し、日本でも古くは平安時代から鍼灸技術が取り入れられ、鍼灸を行う医療職が存在していたというとても歴史のある職業です。

もともと視覚障害者の割合が多い仕事でしたが、規制緩和などの影響もあり、一般の人も鍼灸師となることが増えてきています。

鍼灸師の業務の内容

日本では、鍼灸師の資格が「はり師」と「きゅう師」に分かれていることから、その施術内容もそれぞれ異なります。

「はり師」は鍼術を行い、「きゅう師」は灸術を行います。

はり師は、患者の症状に合わせて、適切な場所のツボ(経穴)に金属の鍼(はり)を刺し、ときには電流を流して、刺激を与えます

針は非常に細いものなので痛みはほとんどなく、刺激を与えることで血流のバランスなどを整え、治療を行います。

きゅう師は、はり師と同様にツボに刺激を与えますが、針ではなく、もぐさを燃焼させることによって、ツボに温熱刺激を与えます

どちらも東洋医学に基づき、人が本来持っている自然治癒力を活性化させることを目的としています。

「ツボ」を刺激するという基本の概念や共通の技術が多いことから、鍼灸師と呼ばれるほとんどの人たちが「はり師」「きゅう師」の両方の国家資格を持っています。

また、日本でこの「鍼灸」が行えるのは、はり師、きゅう師と医師だけと決められています。

鍼灸師の役割

東洋医学に基づく治療法でさまざまな症状を改善に導く

鍼灸師は、東洋医学の考え方に基づく「はり」や「灸」という治療法を使って、人々が抱える身体のさまざまな症状を改善させ、健康な身体へと導く仕事です。

鍼灸を含む東洋医学の大きな特徴は、病気に対して薬を服用したり、外科的な処置をしたりする「現代医学(西洋医学)」とは異なり、人間がもともと備えている自然治癒力を高め、症状を改善させようという考え方です。

鍼灸治療では薬を使用しないため、薬による副作用がなく、子どもから高齢者まで幅広い年代の人が安心して治療を受けることができます。

また、東洋医学は、原因ははっきりしないが「何となく身体がだるい」といった症状や、慢性的な生活習慣病など、現代医学ではなかなか解決できないものに対しても効果があると考えられています。

さらに、病気の症状が出る前に鍼灸治療を受けることで、病気になるリスクを減らすことができると考えられ、鍼灸は健康な身体を維持することができる「予防医学」としての役割も担っています。

「はり師」「きゅう師」の国家資格を取得している鍼灸師は、人々の生活や健康状態が多様化、複雑化する現代社会において、健康な身体を維持するために必要な職業として期待されています。

鍼灸師の勤務先の種類

鍼灸師の活躍の場
  • 灸治療院を開業
  • 鍼灸治療院に勤務
  • 整形外科のリハビリ
  • 内科や神経内科などの疾患の治療に鍼灸を取り入れている病院
  • スポーツチームなどの専属トレーナー
  • 美容業界で働く

この鍼灸師の活躍できる場はさまざまですが、自ら鍼灸治療院を開業したり、鍼灸治療院に勤務したりするのが一般的です。

また、整形外科のリハビリや、内科や神経内科などの疾患の治療に「鍼灸」を取り入れている病院に勤務する鍼灸師も多いです。

そこでは患者の痛みを和らげ、リハビリテーションの支援を行います。

さらに、プロスポーツチームや社会人によるスポーツチームなどの専属トレーナーとして、鍼灸治療を行うスポーツトレーナーとして働くこともできます。

ただし、競争率は高く、人数はそれほど多くありません。

また、最近では美容業界において、耳つぼダイエットや全身の気の流れを整える美容健康法を行う鍼灸師も増えてきているようです。

鍼灸師の勤務先と仕事内容の違い

鍼灸師の仕事の流れ

鍼灸師は、患者が来るとまず「脈診」と「望診」を行います。

一般的に脈拍を調べるために行われる脈診とは違い、鍼灸師の脈診とは手首の脈を診て、身体のバランスや流れを診察します。

望診とは、視診ともよばれ、患者の顔色や表情、肌や舌や目の状態を見て、総合的に状態を判断します。

その後、患者から症状や不調を聞き出し、それぞれに合った適切な治療を行います。

鍼灸師と関連した職業

鍼灸師と柔道整復師の違い

鍼灸師はツボを刺激して症状を改善するのに対し、柔道整復師は骨や関節にアプローチして症状を改善します。

柔道整復師はじん帯や筋肉などの症状に特化しているのが特徴で、鍼灸師のように道具を使わずに手技のみで施術を行います。

柔道整復師の仕事

鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師との違い

あん摩マッサージ指圧師とは、一般的にマッサージ師とよばれる職業のことです。

マッサージや指圧などの手技を使用して、筋肉を刺激したり揉みほぐしたりする施術を行います。

あん摩マッサージ指圧師の仕事

鍼灸師の仕事内容のまとめ

鍼灸師の仕事は、身体に鍼(はり)や灸(きゅう)を用いた刺激を与えることで、さまざまな疾病の治療や健康増進を促すことのできる医療技術である「鍼灸」を行うことです。

鍼灸を含む東洋医学の大きな特徴は、病気に対して薬を服用したり、外科的な処置をしたりする「現代医学(西洋医学)」とは異なり、人間がもともと備えている自然治癒力を高め、症状を改善させようという考え方です。

原因ははっきりしないが「何となく身体がだるい」といった症状や、慢性的な生活習慣病など、現代医学ではなかなか解決できないものに対しても効果があると考えられています。