潜水士の1日・生活スタイル

潜水士の作業時間

潜水士が仕事を行える時間は、「作業内容」と「水深」によって変わってきます。

水深が浅いところであれば長時間の作業も可能ですが、水深が深い場合は潜れる時間は限られてきます。

たとえば、水深10メートルほどの場合は一日4~6時間、水深20メートルの場合は2時間、水深30メートルの場合は1時間ほどとなります。

海中で作業する潜水士は、「潜水病」に気をつけなければいけません。

海中などの高圧下での作業を終えたあと、すぐに浮上してしまうと気圧差により身体に大きな影響を与え、最悪の場合命を落としてしまいます。

そのため減圧といい、水深の深いところから除々に浮上することで、気圧の変化に身体を慣らしていくのです。

このように潜水士1人あたりの1日にできる作業時間が決められているため、作業効率を上げるために、潜水士の人数を増やしたり、効率的に作業ができるようスケジュールを組んだりと、各所で工夫をしています。

海上保安庁で働く場合

海上保安庁で働く場合、潜水士は基本的に船の上での海上勤務となります。

24時間体制でパトロールを行うため、日勤のほか、4時間勤務を繰り返す交代制で勤務にあたることもあります。

ときには海難事故で出動し、朝も夜も関係なく勤務することも珍しくありません。

短ければ数日、長ければ10日以上船上で過ごすため特殊な勤務形態になります。

民間で働く場合

民間企業で潜水士として働く場合、事前に定められた計画(潜水深度、潜水時間)に基づいて潜水士、作業を進めていきます。

そのため、予定時間を超えて働くことはあまり多くなく、とくに勤務時間が固定されている会社で働く場合は、規則正しい生活を送ることができるでしょう。

ただし、日本国内だけでなく海外での作業もあり、企業によっては長期間出張になる仕事もめずらしくありません。

海上保安官として働く潜水士の1日

07:30 出勤
毎朝決められた時間に登庁します。
08:00 ミーティング
1日の流れを確認したり、夜間や近隣であった事故・事件について報告したりします。
09:00 海上パトロール
巡視艇に乗り込み、事故や事件がないかをパトロールします。
異常があればすぐに潜水できるよう、船内には準備を整えておきます。
12:00 昼食
一度陸に上がることもあれば、船の中ですませることもあります。
13:00 海上パトロール
引き続き事故や事件に目を光らせます。
16:30 帰港
不審な点や異常がなかったかなどを報告します。
17:00 退勤
事件や事故が発生した場合は、夜間でも招集されることがあります。

海中の工事現場で働く潜水士の1日

8:00 出勤
潜水の準備があるため、朝は比較的早めです。
9:00 潜水開始
準備ができると潜水を開始します。
潜水できる時間は限られているため、効率よく作業ができるよう心がけます。
11:00 休憩
潜水士は2~3時間ごとに休憩をとります。
陸上ではほかの作業を手伝ったり、事務作業をしたりすることもあります。
13:00 潜水
再び潜水し作業を行います。
15:00 休憩
体力勝負の仕事のため、昼食時だけでなく午前・午後に休憩を設けているところが多いです。
16:00 片付け・事務処理など
17:00 終業

潜水士の勤務時間・休日