整体院と整骨院の違い

「整体」と「整骨」の違い

「整体院」と「整骨院」、施設の名称は非常に似ていますが、施術の方法や資格などに関して大きな違いがあります。

まずは「整体」と「整骨」の違いについてです。

「整体」とは

「整体」とは、体を支える中心となる骨盤や背骨にアプローチし、骨のずれなどを矯正することによって筋肉のコリや疲労をほぐし、体全体のバランスを整えていくことをいいます。

整体は、国家資格がなく、資格がなくても行うことができます。

「整骨」とは

一方、「整骨」とは、ほねつぎとも呼ばれ、打撲、ねん挫、脱臼などを江戸時代から伝わる専門の知識と手技を使って治療する伝統医療です。

また、整骨(ほねつぎ)は、柔道整復師という国家資格を取得した者でなければ施術してはいけないことになっています。

柔道整復師の仕事

整体は背骨や骨盤を中心に施術していきますが、整骨は痛みの出ている場所に直接治療を施すというアプローチ法に違いがあることを覚えておきましょう。

「整体院」と「整骨院」の違い

施術者の国家資格の有無

整体師が整体をおこなう施設が整体院で、柔道整復師が整骨(ほねつぎ)をおこなう施設が整骨院です。

整体師は資格が不要ですが、柔道整復師は国家資格が必要です。

保険適用の違い

医療ではなく代替医療にあたるため、患者さんから支払ってもらう料金も保険適用にはならず、全額自費で支払ってもらうことになります。

しかし、整骨院で働く柔道整復師は法律で柔道整復業、いわゆる医業類似行為(医師がおこなう医療行為)を部分的におこなってもよいことになっています。

慢性の肩こりやちょっとしたねん挫程度では全額自費扱いとなるものの、交通事故や労災などが原因で起こった骨折や打撲に関する応急処置については保険適用が可能となります。

整体にしかできない施術も

整体院と整骨院、訪れる患者の抱える疾患は共通するものが多く、自身の症状や費用、治療との相性などを考慮しながらどちらに通うかを患者自身が決定しています。

国家資格所持者からの施術が受けられること、保険適用になるケースが少なくないことなどから整骨院を選択するメリットは大きいといえるでしょう。

しかし、整体院が得意とする疾患の中には整骨院では診てもらえないものがいくつもあります。

胃腸障害や女性特有の悩みなどの内臓疾患を改善する施術を行えることは整体ならではの特色です。

たとえば腰痛という整骨院でも扱える疾患でもその原因が生理痛からくるものであった場合、整体でなければ症状を和らげることが難しいことも多いのです。

特定の資格を必要としない整体師だからこそ、扱える疾患も幅広く、多くの客層を獲得できる可能性も高いということになります。

もちろん柔整師がスキルアップのために整体の知識や技術を修得し、独自の施術を行うことも可能です。

仕事体験談