整体とマッサージの違い

施術方法の違い

整体もマッサージも体の痛みや不調を改善して癒すという目的は同じです。

しかし、どのような方法で改善し癒していくかという体へのアプローチ方法に違いがあります。

整体は、上半身と下半身を支える大切な役割を担う骨盤とその骨盤の上にある背骨の歪みやずれが筋肉を圧迫しているために痛みや不調が現れているという考えに基づいてできた施術法です。

整体では主に骨盤や骨のずれを矯正し、筋肉のコリや疲労をほぐしていくというアプローチ方法をとります。

一方、マッサージは筋肉の表面を揉みほぐすことで、縮んで硬くなった筋肉やそれによって圧迫された血管や神経を改善することで血の巡りを良くし、体のコリや疲労を取り除いていくアプローチ方法をとります。

施術に要する資格の違い

整体とマッサージには、施術に必要な資格にも違いがあります。

整体は国家資格など特別な資格は要らないため、整体院で働きながら経験を積んで一人前の整体師になる人もいれば、整体師の養成学校で学んでから民間資格を取得し、整体師になる人もいます。

しかし、マッサージは、国家資格であん摩マッサージ指圧師の資格を持つ人しか施術することができません。

あん摩マッサージ指圧師の仕事

マッサージとよく混同されるのがリラクゼーションマッサージ、リンパトリートメントです。これらの名称でマッサージ類似行為をおこなっているところも数多くあります。

しかし、これは厳密には国家資格で認められたマッサージではなく、エステなどと同じく癒し効果を目的としたリラクゼーションサービスです。

整体は骨にアプローチし、根本的に改善していくためリラクゼーションマッサージよりも体の改善に期待できます。

しかし、整体師は資格が不要であるため、法的にはリラクゼーションマッサージと同じく、癒し効果を目的としたサロンという位置づけになります。

保険適用に関する違い

整体とマッサージは、保険適用の可否でも違いがあります。

整体院でおこなう整体は医療行為ではないため、どんな施術であっても保険適用はできず全額自己負担となります。

しかし、あん摩マッサージ指圧師が開院しているマッサージ院では、医師による定期的な同意と適切な治療目的(筋麻痺、関節拘縮など)という一定の要件を満たせば健康保険の適用が認められます。

単なるリラクゼーションや疲労回復目的では、保険の適用は認められません。

病院との連携

あん摩マッサージ指圧師の行うマッサージは「医業」に含まれます。

これはあん摩マッサージ指圧師と医師だけが行える施術です。

マッサージは医師の行う治療に準ずる位置づけであり、必要に応じて病院と連携をとりながらより効果の高い治療を目指すもの。

病院側も医療上マッサージが必要な症例として筋麻痺や関節拘縮の患者にマッサージの施術を受けることを推奨しています。

また、あん摩マッサージ指圧師は病院のリハビリテーション室で働くことも可能です。

一方で整体は医業には分類されないため、病院と連携するということは原則ありません。

これに伴い、問診や触診、所見の告知を行うこともできません。

扱う症例

整体とマッサージとでは訪れる客が抱える身体の不調が若干異なります。

もちろん重複するものも多いですが整体が特化して扱う症状としては産後の腰痛や体形の乱れといったトラブルなどがあります。

これらは出産によって大きく開いた骨盤が引き起こすものなので整体師が最も得意とする疾患であるといえます。

また骨盤を締めることによるダイエット効果を期待した来院も目立ちます。

マッサージならではの客層は、これといった不調がなくても疲労回復やパフォーマンス向上のためのメンテナンスを目的とした人たちです。

アスリートの来院が多いのも大きな特徴です。

仕事体験談