臨床心理士の現状と将来性

活躍の場は広がっているが、就職状況は厳しい

学校、職場、家庭、地域など、さまざまな場所で「心の問題」を抱える人が多い現代社会において、臨床心理士は時代の流れとともに、だんだんとニーズが高まっている職業です。

たとえば、スクールカウンセラーを配置する学校が増えていたり、職場におけるメンタルケアが課題となったりする中では、きちんと勉強をして資格を取得し、専門的知識を有している臨床心理士が求められるようになっています。

ところが、活躍のチャンスが増えている反面、臨床心理士の就職状況はあまり良いとはいえないのが実情です。

臨床心理士は国家資格ではないため、社会的地位がきちんと確立されていない面もあります。

とくに、安定した待遇が期待できる公務員をはじめとした「常勤」の立場で働ける臨床心理士は、さほど多くありません。

そして、臨床心理士は、現場で身に付けていく知識や臨床経験が重視される仕事であるため、経験が浅いうちは非常勤という不安定な身分かつ、安い給料で働かなければならない人も多くいます。

この先、臨床心理士が国家資格となり、この職業の社会的地位がさらに向上するようになるまでには、もうしばらく時間がかかるものと予想されています。

臨床心理士の資格があると有利

とはいえ、現在日本に数多くある心理系の民間資格のうち、群を抜いて信頼性が高いとされているのが臨床心理士であることは間違いありません。

もし、これから「カウンセラー」などの心理職に就きたいと本気で考えているのであれば、現在のところでは、臨床心理士の資格を目指すことを考えたほうがよいでしょう。

心理職として就職するのは決して楽なことではありませんが、それでも臨床心理士の資格があるとないとでは、採用時に差が付けられることも多いですし、そもそも臨床心理士の資格がなければ受験すらできないということもあります。

現場では即戦力になれる人が求められがちですが、職場によっては、意欲のある若手を積極的に採用したいと考えるところもあるようです。

日々勉強を続けるとともに、根気よく、就職先を見つけることが大事だといえるでしょう。