プログラマーの仕事内容

プログラムを組み、確認をする

プログラマーは、コンピュータを動かす「プログラム言語」を用いてコンピュータプログラムを組み、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。

プログラマーが作成するシステムやソフトウェアは、さまざまな場所で使われています。

たとえば、物流システムや金融システムといったような企業が使用するもののほか、テレビやスマートフォン、電子レンジなど、身のまわりのあらゆるところにコンピュータープログラムが活用されています。

一般的には、システムエンジニア(SE)がシステムの仕様書を作成し、それに基づいてプログラマーがプログラムを作り上げていきます。

システムエンジニアの仕事

仕様バクを見つけるのもプログラマーの仕事

プログラムを組み上げても、それで完成にはなりません。というのも、仕様書通りに作った場合でも、使用の不備などから意図する動きにならない場合もあるからです。

このような不備を、よく「仕様バグ」といいますが、この仕様バグを見つけるのもプログラマーの重要な仕事のひとつです。

プログラマーは、プログラムを組んでから何度もテストを繰り返し、不具合を修正することで、システムやソフトウェアが完成させていきます。

ときには何ヵ月もの期間をかけてテストをすることがあり、根気と忍耐力が必要とされる仕事です。

このほか、業務内容や職場環境によっては、プログラムを組む以外にも、結合テスト、リリース作業、機能仕様書の作成といった多岐に渡る仕事を行う場合もあります。

プログラムのアルゴリズムを考え実装する

システムエンジニアから渡される仕様書は、すべてのことが事細かく丁寧に記載されているわけではありません。

プログラマー自体がその仕様書に記載されている内容を把握し、頭の中でプログラムに変換しなければならないことも多いため、プログラマーにはそうしたスキルも求められます。

ある問題を解決するための方法や手順のことを業界用語で「アルゴリズム」といいますが、いかに工夫をしてアルゴリズムを構築していくのかも、プログラマーにとっては重要なことです。

経験を積むとSEとの境界線がぼやけてくる

初心者プログラマーであれば、「プログラムを正確に組む」といった基本的な仕事内容をこなすことが中心業務となりますが、実務経験を積んでいくと徐々に変化していきます。

たとえば、「仕様決め」などシステムエンジニア(SE)が行うような役目までプログラマーが担う場合もあります。

これは、実際に実務を行う職場によって方針が大きく異なるため一概にはいえませんが、傾向的には経験を積めば積むほど、「SE兼プログラマー」「プログラマー兼SE」のような役割の仕事内容になります。

そのため、ベテランプログラマーになるとSEとの境界線があやふやになりがちで、プログラマーが仕様書を書くこともあれば、SEがプログラミングをするところもあります。

なかには「上級プログラマー」と表現するような職場もあります。基本的に、プログラマーとSEは役割分担がなされていることが多いですが、どちらのスキルもある人は重宝されます。

仕事体験談