IT系の専門学校は就職に有利? 取得できる資格や学費まとめ

(読了時間:12分20秒)

ITが日常生活やビジネスに不可欠なものとなり、IT専門学校でスキルを身につけえたいと考える人も増えているようです。

このページでは、IT専門学校でどのような勉強ができるのか、また卒業後の進路や、卒業までに必要な学費などについても紹介していきます。

IT専門学校とは

IT専門学校は、いまや身の回りのあらゆるところで活用されている、ITやWebの専門的な知識・技術を身につけるための学校です。

ITやWebの領域で活躍できる職業・仕事はたくさんあり、それらに関する専門的な知識・技術を身につけることで、さまざまなフィールドで活躍できるプロフェッショナルになることができます。

とくにIT専門学校では就職後に即戦力となれる人材の育成に力を入れているため、ただ知識を得るだけでなく、演習や実習なども積極的に行いながら実践力を高めていきやすくなっています。

また、学校によっては企業と連携しており、在学中の企業実習やインターンシップに参加することで、より希望の就職に近づくことができます。

ITの世界は技術などの移り変わりも激しいですが、IT専門学校では最新の情報を取り入れながら、その時代に必要とされるIT技術者を目指していくことができます。

IT専門学校で勉強すること、授業科目

IT専門学校で勉強すること

IT専門学校で学ぶことは、IT全般の基礎的な知識と、各種プログラム言語の習得やシステムの構造などが中心です。

ただし、ひとくちに「IT」といっても、それが網羅する領域は大きいため、IT専門学校では「ITエンジニアコース」「Web開発コース」「情報セキュリティコース」など、仕事内容や活躍領域に応じたいくつかの学科・コースが設けられているところが多いです。

自分が将来どのようなジャンルの職種に就きたいのかをイメージしておくとよいでしょう。

通常の授業のほか、資格取得のための対策授業にも力を入れている学校が多いようです。

IT関連の資格は、「ITパスポート試験」「基本情報技術者試験」「情報セキュリティ試験」など公的なものから民間のものまでたくさんあり、それらを持っていると自分のスキルを証明する材料となります。

在学中に数多くの資格を取得することで、就職活動の際のアピールポイントになるでしょう。

また、IT専門学校の一部学科・コースによっては、国家資格の一部試験免除となる場合もあります。

情報技術を使いこなすための勉強をする

IT専門学校では、ITの知識・技術を使いこなし、就職後ビジネスの現場ですぐに生かせる実践的なスキルを身につけるための授業が行われています。

今や、ITは社会生活になくてはならないものになっており、あらゆる産業で活用されています。

また、AI(人工知能)、IoTなどの先端技術も次々と出てくるなか、世の中で求められているITの知識・技術を習得し、社会で活躍できる人材を目指します。

IT専門学校の具体的な勉強内容、授業科目

ひとくちに「IT」といっても、それが網羅する領域は大きいため、IT業界では仕事の種類・内容などに応じて、「システム・ソフトウェア開発系」「Web・アプリ系」「ネットワーク・セキュリティ系」といった複数の分野に分けられることが多くなっています。

そして、IT専門学校の学科・コースもこのような分野別に設けられていることが多く、それぞれ少しずつ学ぶ内容は変わってきます。

システム・ソフトウェア開発系

プログラマーシステムエンジニアなど、開発プロジェクトに最前線で携わるITエンジニアを目指す場合は、アルゴリズムやプログラミング、データベース、システム設計といった内容を学んでいきます。

Web・アプリ系

アプリケーションエンジニアWebエンジニアなどとして、Webのコーディング技術やプログラム言語、アプリの設計・構築などを学んでいきます。

ネットワーク・セキュリティ系

ネットワーク構築・設計・運用までを深く理解したプロフェッショナルになるべく、ネットワークの基礎からネットワーク技術を学びます。

また、コンピュータウイルスやハッキング、情報漏えいなどから情報を守る、セキュリティ関連の専門的な知識・技術も身につけます。

ITの資格取得も可能

IT関連の資格は、公的なものから民間のものまでたくさんあり、それらを持っていると自分のスキルを証明する材料となります。

また、IT系資格は就職や転職時にも有利になることが多いとされています。

そのため、在学中に資格取得を目指せるような授業が多く設けられている学校もあります。

IT専門学校で取得が目指せるおもな資格には以下があります。

・ITパスポート試験
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・情報セキュリティ試験
・MOS(Microsoft Office Specialist)
・ORACLE MASTER
・データベーススペシャリスト試験
・ネットワークスペシャリスト試験

IT専門学校の一部学科・コースによっては、国家資格の一部試験免除となる場合もあります。

IT専門学校では、ITのスペシャリストになるための実践的な勉強をしていくことができます。

ただし学校や学科・コースによって学ぶ内容に違いがあるため、将来はどのような仕事に就きたいのかを考えておきましょう。

IT専門学校から目指せる職業・仕事

IT業界で活躍する職業・仕事は、以下のように、専門分野に応じて下記のようないくつかの領域に分けることができます。

システム開発系

プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーAIエンジニア、IoTエンジニアなど

Web・アプリ系

Webエンジニア、WebディレクターWebデザイナー、Webプランナー、Webアプリケーションスペシャリスト、スマートフォンアプリ開発エンジニアなど

ネットワーク・セキュリティ系

ネットワークエンジニア、ネットワークスペシャリスト、セキュリティエンジニア、セキュリティスペシャリストなど

運用・保守系

インフラエンジニアカスタマーエンジニアサービスエンジニア、サーバ管理者、ヘルプデスクなど

IT専門学校でIT関連の基礎的なスキルを身につけると、上記のようなさまざまな職業・仕事を目指すことができます。

どのような仕事がしたいのかを考える

このように、IT専門学校から目指せる職種は多岐にわたっています。

また、ここで名を挙げた以外にも、ITの専門的スキルを生かしてIT業界の最前線で横断的に活躍しているプロフェッショナルもいます。

エンジニアとしての仕事が中心になるため、プログラム言語の習得やシステムの構造、その他ITの全般的な知識の習得が不可欠となります。

IT専門学校では、「ITエンジニアコース」「Web開発コース」「情報セキュリティコース」など、仕事内容や活躍領域に応じたいくつかの学科・コースが設けられているところが多いため、自分が将来どのようなジャンルの職種に就きたいのかをイメージしておきましょう。

IT専門学校では、現代社会に不可欠なものとなったITを活用し、ビジネスの場で駆使できる人材になるための勉強をすることができます。

卒業後に目指せる仕事も多岐にわたり、自分の努力次第で、さまざまな進路の可能性があるといえるでしょう。

IT専門学校の学費、費用

IT専門学校の学費

IT専門学校で1年間に必要な学費は、80万円~130万円程度が相場となっているようです。

IT専門学校の修業年数は2年制、3年制、4年制とさまざまで、やはり長く通えば通うほど、多くの学費が必要になってきます。

4年制のIT専門学校であれば、卒業までに学費として400万円以上かかってくることもあります。

ちなみに、学費には入学金、授業料、施設設備維持費、実習費が含まれているのが一般的です。

IT専門学校の費用

上記で挙げた学費以外に、教科書代・教材費、学生災害傷害保険、研修旅行費などが別途必要になる学校が多いようです。

教科書代・教材費については、だいたい年間10万円程度でしょう。

また、卒業年度には卒業アルバム制作費、同窓会会費などが必要になる学校もあるようです。

学費に含まれるものと含まれないものは学校によって変わってきますが、いずれにしても、学費以外のお金も必要になるケースが多いということは頭に置いておいたほうがよいかもしれません。

学費サポートについて

多くのIT専門学校では、経済的に不安を抱えている学生に対し、奨学金制度・教育ローン制度を用意しています。

奨学金制度は学校が独自に定めているものもあれば、新聞奨学金制度、日本学生支援機構奨学金制度、また地方公共団体などのさまざまな制度を利用できる学校もあります。

教育ローンについては、国や非営利団体、金融機関が実施する融資制度などがあります。

奨学金は「成績が優秀であること」といった学力の基準が設けられる場合が多いですが、教育ローンについては学力に関わらず利用することができます。

また、一部の学校では、極めて成績優秀な人などを対象に、特待生制度を設け、入学金や学費の一部あるいは全額が免除となる場合もあります。

どのようなIT専門学校に通うとしても、決して安くはないお金が必要になってきます。

学費の情報は早いうちに調べておくことをおすすめします。

また、多くの学校でさまざまな学費サポート制度を設けていますので、そちらもチェックしてみてください。

IT専門学校の就職先、就職率、卒業後

IT専門学校の就職先

IT専門学校の就職先は、ITやWeb系の企業が中心となります。

職種はどのような学科・コースで学んできたかによっても異なりますが、おもにプログラマーやシステムエンジニアをはじめ、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、Webデザイナー、ITコンサルタントなど、幅広く技術者として内定をもらっている人が多いようです。

高いITスキルを持った人材の需要は高く、IT専門学校で基礎から実践力をしっかりと身につけていくことにより、多くの学生が無事に就職できています。

とくにITやWeb業界では、年齢以上に専門知識や技術を持っていることで評価されることも多く、在学中に高いスキルを身につけておくことで、大手企業への内定を獲得している人も多数います。

IT専門学校の就職率

IT専門学校では、その学校の就職率を発表しているところが多く見られます。

IT専門学校の就職率は高めといえ、90%以上、学校によっては100%という実績を残しているところもあるようです。

高いITスキルを持った人材の需要は高く、IT専門学校で基礎から実践力をしっかりと身につけていくことにより、多くの学生が無事に就職できていることがわかります。

ただし、就職率の出し方は学校によって異なります。

多くの専門学校では、あくまでも就職希望者のうち、どれだけの人が就職できたかという計算が行われていることが多いようです。

たとえば、卒業後に大学進学や海外留学、独立起業などを行った人は数に含めていないということもあるため、その点は頭に置きながら就職率をチェックしてみるとよいでしょう。

就職サポート体制にも注目

各IT専門学校では、さまざまな就職サポート体制が用意されています。

たとえば、入学直後から就職ガイダンスや業界研究の時間が設けられていたリ、資格取得に向けた特別講義があったり、個別就職相談や履歴書の書き方・面接対策などの指導も行われています。

また、企業と連携している学校では、在学中から企業での実習やインターンシップに参加できるといったこともあります。

専門学校には過去の実績から業界の求人も多く集まるため、学生の幅広い希望に対応できるのも特徴です。

IT専門学校では、就職に力を入れた教育が行われているため、学校のさまざまなサポートを受けながら希望の進路に向かっていくことができるでしょう。

ただし、最終的には自分の努力と意欲が必要になることは言うまでもありません。ぜひ、本当に安心して学べる学校を見つけ、目標に向かって進んでください。

IT専門学校の入試、志望動機、面接

IT専門学校の入試

IT専門学校の入試は、多くの専門学校と同様、「一般入試」「推薦入試」「AO入試」などを中心に行われています。

一般入試は、応募資格を満たす人であれば自由に応募できるものとなっています。

推薦入試は、おもに高校からの推薦や、専門学校が指定する高校で学んできた人が応募できるものとなっています。

AO入試は、学業の成績よりも、入学希望者の将来に対する目標意識や意欲を重視した入試方法となっています。

入試内容は、書類選考(エントリーシート)、面接・面談、作文などがおもなものとなっています。

ただし、すべてのIT専門学校で、上記全部の入試が行われているとは限りません。

また、同じ学校でも入学区分によって試験内容や出願時期などが異なるため、最新の入試情報をよく確認してください。

IT専門学校の志望動機の考え方

IT専門学校では、ITの幅広い知識・技術を身につけ、ビジネスの最前線でITを活用できる人材になることを目指していきます。

高いITスキルを持った人材は多くのフィールドでニーズがあり、将来性のある仕事だといえます。

しかし、専門的なスキルが必要になる仕事でもあるため、目標に一歩ずつ近づくためには、明確な目的意識を持って学び続ける必要があります。

「エンジニアとして〇〇分野の開発に携わりたい」「こういうITの資格を取得したい」「最先端のIT技術を学びたい」など、将来に対する思いは人によってさまざまですが、なぜITを学びたいのか、卒業後はどのように活躍していきたのか、自分自身とよく向き合いながら言葉にしていきましょう。

IT専門学校の面接のポイント

IT専門学校の入試では、たいていのケースで面接・面談が実施されています。

入学の時点でITの知識や技術が求められることは普通ありませんが、入学後にコツコツと学んでいこうとする意欲があるかどうかはチェックされると考えておいたほうがよいでしょう。

志望動機を中心に、入学してからどのようなことを学び、どうなっていきたいのかを自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

「こういうスキルを身につけたい」という具体的な話ができると、熱意が伝わりやすいでしょう。

IT専門学校では、IT業界の幅広い分野で活躍したいという強い思いを持つ人たちが学んでいます。

なぜ、ITの勉強がしたいのかという志望動機を明確にしておくとともに、入試方法や入試内容もよく確認しておき、万全の準備を整えて受験に臨んでください。

IT専門学校のオープンキャンパス

IT専門学校のオープンキャンパスとは

オープンキャンパスは、普段は覗くことのできない志望校の様子を深く知ることができるチャンスです。

入学案内のパンフレットやホームページだけでは、ある程度の情報は集められても、どうしても実態まで理解するのは難しいところがあります。

しかし、オープンキャンパスに参加すれば、学校がどのような雰囲気で、どんな設備・施設があり、そこで学ぶ在校生や講師とのコミュニケーションの機会にも恵まれます。

オープンキャンパスに参加することで、行きたいと思っていた専門学校に対する思いがより強くなったと話す人も大勢います。

また、学校によっては、AO入試の受験にオープンキャンパス参加が応募資格となっていることもあります。

こうしたことにも気を付けながら、参加を検討してみるとよいでしょう。

IT専門学校のオープンキャンパスの内容

IT専門学校のオープンキャンパスでは、学校によってさまざまなイベントが開催されています。

学校見学会や学校説明会をはじめ、実際に講師の授業を受けて入学後にどのようなことを学べるかイメージできる体験入学やワークショップ、また業界の第一線で活躍する人の講演などもあります。

また、オープンキャンパスに合わせて進路に関する個別相談会を実施する学校もあります。

普段の学校説明会とは異なり、参加者が決められた範囲内で自由に学校をまわりながら、好きなイベントに参加できるというのがオープンキャンパスの一般的な特徴です。

IT専門学校のオープンキャンパスに参加する際の注意点

オープンキャンパスは、あくまでもこれから進学を考える人が、気になっている学校を訪問するイベントです。

専門学校側に悪印象を残さないよう、身だしなみにも気を付けて、挨拶などもしっかりと行うように心がけたいものです。

なお、専門学校によっては、遠方から参加する人に向けて学生寮の体験入寮ができる機会が設けられていたリ、各地域から出る無料送迎バスを利用して学校まで行くことができるなど、オープンキャンパス参加のためのさまざまなサポートが行われています。

「学校が遠いからわざわざオープンキャンパスに足を運ぶのは大変」と思っている人も、そうしたサポート制度を活用することで、より気軽に参加することができるでしょう。

いまや、多くの専門学校でオープンキャンパスが実施されています。

参加は義務ではありませんが、志望校のことをより知ることが、入学後に「こんなはずではなかった…」という思いを防ぐことにもつながります。

ぜひ、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

IT専門学校では、さまざまな企業などで必要とされている高度なITのスキルを持つ人材を育成しています。

個人の希望進路に応じて、より各領域に関する専門的な勉強ができる学校も多くあります。

まずは自分が将来、ITやWebの世界でどのような仕事をしていきたいのかを考えてみるとよいでしょう。