資格、免許なしでネイリストになれる?

無資格でもなれる職業

ネイリストは、働くうえで国家資格など特別な資格や、免許が必要とされる職業ではありません。

どんな人でも「ネイリスト」と名乗ることができ、未経験者が仕事としてやっていくことも可能です。

とはいえ、実際にお客さまを集めて、お金をいただいて施術をするには、相応の知識や技術が求められることはいうまでもありません。

ネイリストは、特別なスキルを要する仕事だからこそ、自分の実力を証明するために資格を取得する人も多くいます。

どの程度の知識・技術が必要か

ネイリストの資格はいずれも民間団体が認定するものとなっており、いくつも存在します。

ネイリストの資格

どの資格を取得するかどうかは、ネイリストの考え方によって変わってくるでしょう。

一般的には「JNECネイリスト技能検定」が有名で、受験者も多いですが、それ以外にジェルネイルに特化した資格、ネイルサロンの衛生管理の知識を問う資格など、さまざまな種類の資格があります。

資格を持っているだけではあまり役に立たない

ネイリストの場合、「資格があるから仕事には困らない」ということはほとんどありません。

ネイルサロンの求人では、特定の資格を持っていることと優遇されることもあるようですが、それだけで合否が決まることはあまりないでしょう。

ネイリストが何よりも重視されるのは、どれだけネイルに関する知識や技術力があるかということ、それに加えてセンスや人間性です。

たとえ資格を一切持っていなくても、素晴らしいサービスを提供することができれば、ネイリストとして評価される可能性は十分にあります。

しかし、あまり経験のない人がネイルサロンに就職を希望する場合、あるいは自分の店を開業した場合などは、まずサロンやお客さまから「このネイリストはきちんとした技術があり、信頼に値する」と思ってもらわなくてはなりません。

そこで資格があると、一定のレベルに達していることを証明しやすくなります。

ただし、ネイリストとして学ぶべきことはたくさんあるため、資格を取得したから満足するのではなく、つねに自分のスキルを磨いていく姿勢が大切です。