ネイルサロン衛生管理士とは

資格制度の一種

ネイリストの民間資格はいくつもありますが、そのうち、「NPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)」が認定する資格制度のひとつが「ネイルサロン衛生管理士」です。

ネイルサロン衛生管理士は、JNAが制定する「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を普及し、ネイルサロンの現場で正しく活用することを目的に設けられています。

ネイルサロンでは、施術の際にお客さまの手や肌に直接触れることから、器具の消毒をはじめ、徹底した衛生管理を行わなくてはなりません。

そうした「サロンにおける衛生管理」の知識を身につけ、それを実践できる能力があることを示すために、ネイルサロン衛生管理士という資格制度が実施されています。

資格取得は必須ではない

ネイリストとして働くうえで、ネイルサロン衛生管理士の資格を必ず取得しなくてはならないわけではありません。

しかし、ネイルサロンが増え続けているなか、店内の衛生管理が不十分なことによるトラブルも増えているとされ、ネイリストはつねに正しい知識を持って、お客さまに安心して施術を受けていただける環境づくりに取り組む必要があります。

また、厚生労働省からも「ネイルサロンにおける衛生管理に関する指針」が発表されており、衛生管理はネイル業界全体として取り組むべき重要課題といえます。

こうしたことから、とくに独立を考えるネイリストは積極的にこの資格を取得しているようです。

また、JNAが安全・安心と認める「認定ネイルサロン」には、ネイルサロン衛生管理士を置くことが必須となっています。

ネイルサロン衛生管理士資格を取得するには

ネイルサロン衛生管理士の資格を取得するには、JNA認定校で実施される講習会を受講し、確記テスト(筆記)に合格する必要があります。

資格取得者には、認定証と資格バッジが与えられます。

講習の概要は以下の通りです。

受講資格

満18歳以上
※ネイルサロンでの実務経験は問われません。

受講場所

JNA認定校

受講料金

一般価格が10,000円、JNA会員価格(対象者はJNA個人・法人会員、JNA認定ネイルサロンのスタッフ、講習開催校の在校生と卒業生)が6,000円となっています。

受講内容

180分の講習と、20分のテストで構成されています。
※採点は当日会場内にて、その場で合否発表が行われます。

テストでは20問出題され、100点満点中80点以上をとれば合格となります。

資格の期限

有効期限は取得年を含む3年目の12月末日までとなり、一度の資格継続手続きを完了した場合、「永続認定」(無期限に保証される資格)となります。