メークアップアーティストの給料・年収

メイクアップアーティストの給料

「職人」ともいえるメイクアップアーティスト。「たくさん稼げそう」といったイメージがあるかもしれませんが、活躍の場や働き方は人それぞれ違うため、なかなか給与の平均を出すことが難しい職業です。

ここでは、大まかなメイクアップアーティストの年収を紹介します。

平均的な給料、初任給は?

アシスタントの年収

フリーランスで活躍するメイクアップアーティストのアシスタントとして活動する場合、平均年収は0円〜150万円といったところでしょう。

アシスタント時代は、あくまでも見習い期間。「勉強させてもらっている」状態であるため、初任給は手取りが10万円に満たないこともあります。

アシスタント時代は忙しく、並行して他のアルバイトをする余裕はなかなか生まれないようですから、事前にある程度の蓄えをしておいたほうがよいでしょう。

高名なヘアメイクアーティストの下に付きたいと考える人は相当数います。「アシスタントをできているだけでも恵まれている」と思うようでなければ続きません。

企業勤務の場合の年収

メイクアップアーティストは、エステサロンや化粧品会社、ブライダルサロンなどのメイク部門に就職する人も多くいます。こういった場合、企業の一員として働くため、平均年収は180万円〜400万円程度といわれています。

ただし、企業で地位が上がったり、メイクに関わる本などを出版する人もおり、そうなると中には1000万円を越える年収を得られる可能性もあります。

会社に所属する以上、一般の会社員と同様に、「どれだけ自社に貢献できるか」といったことも求められます。

ヘアメイク専門のプロダクションの年収

ヘアメイク専門のプロダクションに所属する人の平均年収は、100万円〜500万円程度と考えてよいでしょう。

現場未経験でスタートする場合、最初はアシスタントなどの雑務が中心で、月収10万円を上回ることはほとんどないようです。

実力を付けていき、根気よく続けていけば、3年目ぐらいには年収300万円〜400万円程度はもらえるようになります。

最初の頃はお小遣い程度の収入になってしまうため、休日や空いている時間を利用してアルバイトを掛け持ちしている人も多くいます。

特殊メイクの年収

特殊メイクや医療関係のメイクアップアーティスト専門のプロダクションが最近注目を浴びています。

平均年収としては200万円〜500万円がボリュームゾーンとなっているようですが、これからさらに増えていく可能性があるともいわれます。

フリーメイクアップアーティストの給与は?

フリーの場合はかなり振れ幅があります。仕事がなければ収入は0円となりますが、売れっ子のメイクアップアーティストの年収は数千万円以上ともいわれています。

テレビや大手出版社と専属契約を結んだリ、オリジナルコスメや美容本、DVDなどで大ヒットを記録すれば、年収は億を越える場合もあります。

ここまで上り詰める人は本当に一握りですが、いつの時代も「美」が求められていることから、廃れることのない職業として、成功を目指すことができるでしょう。

メイク以外の能力も求められる

夢のある職業といえるメイクアップアーティストですが、成功する人はごくわずかです。

働き方によっては勤務時間や休日が不規則になりがちですし、いざ独立しようと思えば経営スキルも必須です。また、さまざまな年代の人と接することの多い仕事なだけに、コミュニケーション上手でなければ、なかなか仕事が回ってきません。

このように、ヘアメイクのスキルそのものとは関係ない能力まで必要とされる仕事です。多くの仕事をこなすだけの体力と情熱、そして人を引き寄せるセンスとカリスマ性を備えていけば、少しずつ収入はアップしていくでしょう。

勤務時間・休日・福利厚生

勤務時間

勤務時間は長くなりがちで厳しい世界です。テレビや雑誌などの撮影の仕事となる場合、早朝から深夜にまでなることもあります。拘束時間が長く、不規則な勤務体系となります。

化粧品会社やブライダルサロン勤務の場合には、勤務時間が決まっているため、ある程度生活リズムを保つことはできます。

休日

撮影の仕事は土日が関係ないため、休日も決まっていないケースが多いようです。撮影以外の仕事においても、サービス業であるため、土日に休めることは少なく、シフト制での勤務となることが一般的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事体験談