独学でイラストレーターになれる?

イラストレーターを独学で目指す人はいる?

特別な勉強をしなくてもなれる

イラストレーターは、なるために特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。

上手にイラストを描くことができさえすれば、誰でもすぐイラストレーターとして活躍することができます。

しかし、ここでいう「上手にイラストを描く」というのが大変なことであり、多くの人がつまずいてしまうポイントでもあります。

デッサン力の向上は不可欠

もし独学でイラストレーターになりたいと考えていても、デッサン力を高める努力は必須だといわれています。

イラストの描き方やデッサンの基礎については市販の教本もたくさんあるため、自分に合ったものを見つけ参考にしながら練習するとよいでしょう。

デッサン力を高めたいのであれば、毎日ある程度の量のデッサンをこなしていくことは不可欠です。

そして、日頃からできるだけ多くプロのイラストを目にするように心がけるとよいでしょう。

その際に、「売れる絵とは何か」「どのような絵が求められるのか」ということを自分なりに考え、自分の作品作りに取り入れていくことが重要です。

コンテストに応募する

イラストレーターとして日の目を浴びることを目指すのであれば、地道に絵の練習を続けることだけでなく、さまざまなイラストのコンテストやコンペに応募するとよいでしょう。

コンテストに参加する作品づくりをすることで、イラストレーターとしてのモチベーションが上がりますし、作品作りを通しておのずと自分の実力も見えてくるものです。

近年では出版社や企業が主催するコンテストのほか、インターネット上でも多くのコンテストやコンペが行われ、イラストレーターが作品を公開するSNSや情報サイトも活発に利用されています。

思わぬ仕事や人脈のきっかけになることもあるので、積極的に活用しましょう。

独学のメリット

現代は書籍だけでなくインターネット上にも多くの情報があるため、イラストの知識や技術の習得だけであれば、独学で習得することも十分可能です。

独学のメリットは、自分の好きなことを好きなだけ突き詰めて勉強できるところにあります。

大学や専門学校に進学した場合、自分に興味のない画法やカリキュラムでもこなす必要がありますが、独学なら自分の専門分野や得意分野に特化した勉強をすることができます。

また、時間や金銭面での制約がないため、自分のペースで自由な時間に勉強ができるところも大きなメリットです。

独学のデメリット

独学のデメリットは、体系的に学ぶ方法が少ないということです。

どうしても自分の好きな分野や得意分野に勉強が偏りがちで、絵を描いていてもなかなか上達しなかったりオリジナリティが出せなかったりなどの悩みを抱える人もいます。

また、同じように学ぶ仲間がいないことで、イラストに関する情報交換をしたり、発表した作品を見て刺激を与えあったりなどコミュニケーションをとる機会がすくないこともデメリットの1つです。

こうしたデメリットは自分の勉強方法次第で解決できることではありますが、こうした壁を乗り越えるために進学を目指すという人も少なくありません。

イラストレーターを目指して学校に通うことで、独学では習得が難しい基礎はもちろん、実践的なスキルを身につけることができます。

数多くあるイラストレータースクールの中でもプロによる指導を受けることができ、就職サポートを受けられるヒューマンアカデミーについて、詳しく知りたい場合は、まずはヒューマンアカデミーの資料を請求してみましょう。

完全無料で、詳細に書かれた資料を請求することができます。