栄養士のやりがい (体験談)

栄養士のやりがい

栄養士の仕事でのやりがいは、なんといっても人の健康に関われているということです。

薬やお医者さんを頼る前に、食べ物や食習慣を気をつければ病気を予防できます。

今は、和食のみならず、中華、洋食、エスニックさまざまなレストランや食物であふれています。

健康番組でひんぱんに健康食品が取り上げられていますが、この食品ひとつだけ食べていれば、健康になるというわけでは、ありません。

なによりも日々のバランスが大切です。栄養士は食べ物に関する正しい情報を伝える役割も担っているのです。

「おいしかった」の笑顔

栄養士は、献立を立てるとき、施設や病院で食べ物の好みを知るためアンケートをとることがあります。

そのアンケート結果で、ここの施設ではどのようなメニューが好まれているのか把握し、献立に反映させることもします。

栄養価は大切ですが、食べる楽しみも取り入れなくてはなりません。

施設の利用者さまと接する機会があったとき、「今日のメニューおいしかったよ」と言われたら、仕事の疲れも吹き飛ぶほどうれしいことです。

結果が出たとき

骨折や怪我で入院している患者さんが、食事療法で予定より早く回復して元気な姿で退院してくれたとき嬉しかったですね。

糖尿病などは、一度なってしまうと治りませんが、食事療法で少しでも改善すると、とても嬉しいです。

入院や入居している方は、食事がなによりの楽しみという方が多いです。クリスマスや各種イベントのときは、ケーキやちらし寿司、握り寿司などをメニューに入れることがあります。

「おいしかった。またやって下さい。ありがとう」と手紙をもらったときもあります。スタッフとその手紙を見せ合い、みんなで喜びを分かち合いました。

仕事体験談