栄養士の仕事で大切にしていること (体験談)

仕事で大切にしていること

相手の喜んでいる顔を想像しながら仕事をしています。そうすると楽しく前向きに取り組むことができます。

また、病気で禁止されている食品(禁食)がある方や、アレルギーのある方は絶対に間違えられないので気をつけています。

これは、相手の命に関わることもあるので、かなり神経質に対応したほうがいいです。

リストを作成して、目に付く場所に貼っておく、食材の表示シールをしっかりとチェックすることもしています。

意外な食品に卵や小麦など使われていることがあります。

いいことは取り入れる

いっしょに仕事をしている人や先輩栄養士のいいところはどんどん真似して取り入れましょう。

そうすると、早く仕事ができたり、自分のいいところも発見できるようになります。目標となる人物が身近にいれば幸いですね。

お金だけの価値ではない

栄養士をしていると、いろいろな人に出会います。感動したり、楽しかったり、落ち込んだり、面白かったりします。そのどれもが自分の肥やしになります。

人の健康にかかわることができるやりがいのある仕事と日々感じることです。

健康はお金で買えるわけではありません。人の幸せのためになっていると思うと、モチベーションが上がります。

人と接するということは、さまざまな考えや生き方に触れるということです。

自分の意見を持ち、押し通すこともときには大切ですが、いろいろな考えを理解する内に自分の考え方に柔軟性が出てきます。

こうした柔軟性は仕事での出会いの中で育つものですので、何よりも人との出会いを大切にしています。

仕事体験談