「栄養士」の仕事とは

栄養士の仕事内容

栄養学の知識を持ち、食事の管理と栄養指導を行う

栄養士は栄養のスペシャリストとして、食事の管理と栄養指導を行う仕事です。

食事の管理では、学校や病院などでそれぞれの人に必要な栄養とは何かを考え、毎日の食事メニューを決めます。

栄養を満たしていることはもちろん、おいしく食べられるようにすることを意識し、食の魅力や楽しみを伝えていくことも大事な役割です。

盛り付け、献立作成、食事指導がおもな業務となりますが、ときには調理師と協力して調理にも携わります。

栄養指導では、病気を抱える人などに適した食事についての相談を受けたりアドバイスを行ったりします。

年齢や環境、体質などによって必要な栄養素や食事内容は異なり、アスリートを対象とするスポーツ栄養士や、子ども向けの栄養管理をする栄養士もいます。

栄養士の就職先・活躍の場

学校や病院を中心に、多岐にわたる場所で活躍

栄養士が活躍できるおもな場としては、病院、学校、福祉施設、給食会社、民間企業(食品メーカーなど)が挙げられます。

人間にとって「食」は切っても切り離せないものであり、またその人にとって望ましい食事をすることが健康維持には欠かせません。

そのため、人が生活するさまざまな場所で栄養士の需要があります。

この仕事では就職して働く人が多いですが、栄養士としての知識を家庭で家族の健康のために役立たせる人もいます。

栄養士1日

勤務先によってスケジュールは変わる

栄養士の活躍するフィールドは幅広く、勤務先によって1日の流れも変わってきます。

ここでは、学校で給食作りに携わる栄養士のある1日を紹介します。

8:30 勤務開始
調理前に届いた食材、調理器具がそろっているかなどの確認をします。

9:00 調理開始
調理スタッフに献立の調理法の説明や作業手順の指示などを行います。

12:00 配膳
給食が各学年へ配膳されます。

13:00 洗浄、振り返り
食器を洗ったり、残飯量のチェックを行います。

14:30 事務作業
栄養価や経費の計算、食材業者への連絡などを行います。

16:30 打ち合わせ
調理スタッフと今日の改善点や明日のメニューについて話し合います。

17:00 勤務終了

栄養士になるには

栄養士の学校を出て資格を取得する

栄養士として働くには、厚生労働大臣が指定した大学や短大、専門学校の栄養士養成課程で学び、「栄養士」の資格を取得する必要があります。

上記の学校を卒業すれば、無試験で都道府県知事から免許証が発行されます。

栄養士養成課程は最短で2年、長くて4年となりますが、大学の場合は上位資格ともいえる「管理栄養士」の国家試験の受験資格も得られるところがあります。

学校卒業後は栄養士の資格を生かして、病院や学校、給食会社などへ就職を目指すのが一般的です。

栄養士の学校・学費

専門学校から短大、大学まで選択肢は広い

栄養士養成課程を置く学校は、大学、短期大学、専門学校の3種類があります。

専門学校や短期大学では修業年限が2年の課程もあり、いち早く社会に出て働くことができます。

専門学校では栄養学のみならず、調理技術の向上にも力を入れたカリキュラムとなっているところもあります。

一方、大学で管理栄養士の国家資格取得までを目指せば、さらに就職先や活躍の場の選択肢を広げることができます。

学費は学校によって異なりますが、だいたいどの学校でも年間で最低でも100万円ほどはかかってくるでしょう。

栄養士の資格・試験の難易度

特定の学校を出れば無試験で取得可能

栄養士の資格は、厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定された学校へ進学し、栄養士養成課程を履修し卒業することで免許を取得できます。

つまり、国家試験を受験する必要はなく、この点は栄養士の上位資格とみなされる「管理栄養士」と異なるところです。

栄養士免許には有効期限がないため、資格取得後もとくに更新手続きなどは必要なく、ずっと有効なものとして使い続けることができます。

国家資格ではありませんが、一度この資格を取得すれば、資格を生かして就職先・転職先を見つけることが可能です。

栄養士の給料・年収

勤務先によって年収には差が出やすい

栄養士の平均年収は、250万円~400万円程度がボリュームゾーンとされています。

この仕事では飛びぬけて高額な給料を望むのは難しく、栄養学のプロフェッショナルとしてよりよい給料を望む場合には、管理栄養士の国家資格取得を目指したほうがよいでしょう。

一般的には、専門性が求められる分、病院で働く栄養士の給料がやや高めとなっているようです。

また、食品メーカーに開発や研究に携わる正社員として就職すると、平均よりも高い年収が期待できるといわれています。

栄養士のやりがい、楽しさ

「食」を通じて人の健康や生活に貢献できる

栄養士は、「食」という人間の生活に不可欠なものを通じて、人々の健康を支えたり、食事の楽しさや大切さを伝えることができる仕事です。

ただ栄養を重視するだけではなく、どのようなメニューであればおいしく、楽しく食べられるかということまで考えていけるのは、食や栄養に関する深い知識を持つ栄養士だからこそです。

自分が考えたメニューで「おいしかった」と言われたり、食事のアドバイスを喜んでもらえたときに、最もやりがいを感じられるでしょう。

栄養士のつらいこと、大変なこと

人の健康に影響を及ぼすという責任

栄養士の中心業務となる献立作成では、決められた予算内で、栄養面でも過不足のないメニューを完成させなくてはならない苦労があります。

それに加えて、しっかりと食べてもらえるおいしいメニューを考えなくてはならないのは、とても大変なことです。

勤務先によっては病気を抱える人向けのメニューを考えなくてはならず、自分の仕事が人の健康に影響を及ぼすという責任も感じます。

人によって必要な栄養や気を付けなくてはならない点は異なり、注意深く仕事に取り組まなくてはならないのはこの仕事の大変なところです。

栄養士に向いている人・適性

食や健康づくりに興味がある人

栄養士に向いているのは、食が好きで、それを通じた健康づくりにも興味関心を持てる人だといえます。

食事と栄養や健康は切っても切り離せない関係にあるため、まずは食事の重要性を理解し、食に関わる仕事がしたいと思える人には適した仕事です。

そして、「食を通じて人の力になりたい」と考えられる人であれば、栄養士の適性は十分にあるといえるでしょう。

ちなみに、栄養士自身が調理をすることもあるため、おいしく食べられるメニューを考えたり、料理が好きという人にも向いています。

栄養士志望動機・目指すきっかけ

食を通じて人の健康づくりに貢献したい

栄養士の志望動機として多いのは、「食が好きで、食を通じて人々の健康づくりに貢献したい」という思いです。

栄養士は勤務先によって、健康な人から病気の人にまで幅広く関わっていきますが、その中心にあるのはつねに「食」です。

そのため食に強い興味関心があり、栄養学を学んで人の役に立ちたい、たくさんの人を助けたいといった考えが、志望動機につながっているケースが多いようです。

また、自分自身が栄養の大切さを実感し、その出来事によって栄養士の仕事に興味を持ったと話す人もいます。

栄養士の雇用形態・働き方

正社員からパート、フリーランスまで多種多様

栄養士の働き方は正社員が多いですが、派遣社員やパートで働く人もいます。

正社員として採用されず、やむなく他の雇用形態で働く人もいれば、家庭の事情などで自らフルタイム勤務以外を望む人もいます。

多様な雇用形態の求人があるため、ライフスタイルに合わせた働き方を実現させやすいでしょう。

なかには独立し、フリーランスの栄養士になる人もいます。

フリーになると自分で顧客をつけ、献立作成やメニュー開発、栄養に関する講演活動など、多様な種類の案件に携わることができるようになります。

栄養士の勤務時間・休日・生活

勤務先によって、シフト制勤務になる人もいる

栄養士の勤務時間は、勤務先の種類によっても変わってきます。

一般企業に正社員として勤めるのであれば、他職種の社員とあまり変わらず朝9時頃に勤務スタートとなり、1日の実働は7~8時間程度です。

ただし、病院や老人ホームなど24時間体制で施設に入居する人たちの食事の管理・提供をする職場だと、シフト制勤務となるのが一般的です。

朝食提供のために早朝から働く人もいます。

休みは土日休みの完全週休2日制の職場もあれば、シフトの関係で不規則になる職場もあります。

栄養士の求人・就職状況・需要

多種多様な求人ががあるが、就職が難しい職場も

栄養士免許を取得する人はたくさんいますが、その全員が栄養士として就職するわけではありません。

求人に対して免許取得者の数のほうが多いといわれることもあり、また、同じ栄養のプロフェッショナルでも、上位資格として考えられている管理栄養士のほうが就職先の選択肢は増えるでしょう。

ただし、栄養士も病院、給食会社、保健所など多岐にわたる場所で求人が出ており、栄養士だから絶対に就職が難しいというわけではありません。

栄養士の転職状況・未経験採用

資格と経験は転職活動時にも強みになる

栄養士の魅力のひとつは、専門職として、誰にでもすぐできるわけではない仕事に携わることができる点だといえます。

実際、栄養士の有資格者を求める施設や企業は多いため、栄養士の勉強をして免許を取っておくことで転職活動にも有利に働くでしょう。

未経験でもスタートできる仕事ですが、職場によってルールや具体的な業務内容は少々変わってきます。

多様なケースに対応できる人材は重宝されるため、現場で一定の経験を積み、自分の強みをアピールできる人のほうが歓迎されるのは確かです。

栄養士の現状と将来性・今後の見通し

活躍のフィールドはさらに広がっている

食関連のビジネスの広がり、また高齢化社会の進展や人々の健康に対する意識の高まりもあり、食の専門家として栄養士が活躍できるフィールドは多岐にわたっています。

各方面への就職はもちろんですが、大学院へ進学する人も増え、栄養学の知識をより深めていく道も珍しいものではなくなっています。

栄養士の需要が大きな医療や福祉の資格、あるいは栄養士以外の食に関連する資格を併せて取得すれば、仕事の幅はさらに広がっていくでしょう。