このサイトは栄養士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「栄養士」

仕事内容
栄養士は、学校や病院などの施設を中心に、食事(給食)の管理や提供を行う仕事です。食事と健康は密接に関連しているため、バランスの良い献立を計画して調理を行い、人の健康をサポートします。同じ栄養士といっても、人は年代や職業等によって必要な栄養素や食事内容も異なってくるため、アスリートを対象とするスポーツ栄養士や、子どもを対象とする保育園や幼稚園で働く栄養士など、勤務先によって業務内容は多少異なっています。施設によっては給食など、大量調理の業務に携わることもあります。
なるには
栄養士として働くには、国家資格である栄養士免許の取得が必要です。高校卒業後、栄養士養成施設(大学、短大、専門学校)で所定の科目を修了して卒業すると、無試験で栄養士の免許が取得できます。代表的な就職先は病院や学校、福祉施設、食品メーカー、その他一般企業などさまざまです。なお、栄養士免許取得後に一定期間の実務経験(1年〜3年以上)を積むことで、さらに専門性が高いとされる管理栄養士の国家試験も受験可能となっています。
給料
栄養士の平均年収は、250万円~400万円程度が一般的です。それほど高収入が得られる仕事ではありませんが、専門性を要する病院勤務の場合は給与が若干高めに設定されているようです。なお、待遇のひとつとして、栄養士の資格手当が数千円程度プラスされるケースもあります。さらに、「栄養サポートチーム(NST)専門栄養士」など関連する別の資格も取得することで、キャリアアップと共に昇給が望める可能性も高まるでしょう。
将来性
食事は、ただ必要な栄養素を摂るだけのものではありません。食事の楽しみや喜びを感じられるメニューを考え、食事を通じて人の心と体を元気にするサポートをするという考え方が、現代の栄養士に求められています。高齢化社会が進むにつれて、医療や福祉の現場では高齢者向けの食事のニーズは高まっているほか、世の中でも食への関心を持つ人が増えており、メディア出演やメニュー開発など、栄養士の活躍の場は大きく広がっていると言えるでしょう。

仕事体験談