大学職員の勤務時間・休日

規則正しい勤務が一般的

大学職員の勤務時間は、大学の開講時間に合わせたスケジュールになるのが一般的です。構内での仕事の場合は、一限目が始まる8時半頃から六限目が終わる18時頃まで働いて退社することが多いようです。

担当する業務によっては出張が多くなるため、多少は変則的になります。

また、大学によっては社会人向けの夜間講座を開いているところもあります。この場合は、担当職員は昼前に出社して夜まで働くというスケジュールになるようです。

しかしいずれにしても、深夜残業が続くとか泊まり込みで徹夜の勤務をするといったケースはまれで、規則正しい勤務ができるのが大学職員の働き方の特徴です。

ランチは食堂や休憩室で

大学職員の昼食休憩時間は大体12時〜13時です。多くの大学には学生向けの食堂や売店があるので、こうした施設を利用したり、弁当を持ち込んだりして休憩を取っています。

ただし、学生からの相談を受ける窓口業務の場合はお昼も業務があるので、交代で休憩を取ることになります。

長い夏休み・冬休みが魅力

大学職員の休日は、一般的には大学が休校となる「土日」「祝日」となり、暦通りに休むことができます。オープンキャンパスの開催や入試などで休日に出勤することになった場合は、平日に代休を取ることになります。

また、多くの大学では前期と後期の間に夏休みや冬休みのような長期の休みがあります。大学職員はこの間ももちろん出勤することになりますが、一般的な企業に比べるとお盆休みや正月休みをゆっくり取ることができるというのが特徴です。

こういったことからも、大学職員は「しっかり休みが取れる」「家庭との両立がしやすい」というイメージが強く、女性からも人気の職業となっています。