「大学職員」とは

大学職員_画像

国公立および私立大学に勤務し、事務、広報などの業務を通じて大学を運営する。

大学職員とは、学校職員のなかでも特に国公立大学や私立大学の職員として働く人たちのことです。

事務仕事を担当する職員や技術関連の仕事を担当する職員がいて、大学の広報や入試関係の説明会を担当したり学内の施設の工事の発注を行ったりします。

日本の教育現場を支えるというやりがいの大きさや安定感、大学の休みに合わせてしっかり休日を取れるという労働環境の良さなどから、人気の職業となっています。

一方で、少子化の影響で一部の私立大学では学生の定員割れが相次いでおり、大学によっては今後厳しい経営を強いられる可能性もあるため、採用試験を受ける際には慎重な見極めが必要です。

「大学職員」の仕事紹介

大学職員の仕事内容

大学を運営するための裏方仕事

大学職員は、教授や准教授などの研究者とは異なり、主に大学の運営を支えるためのサポート業務をします。

具体的にはカリキュラムを改善するために制度を考えたり、大学のカウンターで学生の履修や進路に関する相談に乗ったりします。

大学の広報窓口として、全国の高校に自分の大学をアピールしたり、大学の窓口としてマスコミの取材に対応したりするのも大切な仕事で、近年では、留学生の受け入れや海外の提携大学との交流などグローバルに活躍する職員もいます。

それだけでなく、学費の未納に対する問題や大学内でのトラブルなど、大学で起こるさまざまな問題に対処する必要もあります。

表舞台で目立つ仕事ではありませんが、多種多様な業務があるため、裏方として教育現場を支えることに情熱を傾けられる人や、人の世話を楽しめる人などに向いています。

大学職員の就職先・活躍の場

全国の国立大学や私立大学

大学には大きく分けて、国立大学と私立大学があります。

国立は国が資金を出して設立し、国が経営している大学です。

私立は個人の経営者が資金を出して設立し、運営している大学です。

基本的にどちらも大学として学生に授業を行い、大学を運営することに変わりはありませんが、それぞれ経営状態や規模が大きく異なり、職員数や業務内容も変わります。

学生の雰囲気や職場環境もそれぞれ違うため、自分がどのような大学でどのように働きたいかをしっかりと考えておく必要があるでしょう。

大学職員の1日

大学の学生課で働く大学職員の1日

学生課には、さまざまな理由や用件で学生が訪れます。

学期の頭や学期末には、ひっきりなしに学生が手続きや相談に来ることもあります。

<大学の学生課で働く大学職員のスケジュール>

8:25 出勤。お茶当番なので、ポットに水を入れお湯を沸かしておきます。

8:45~9:15 始業。チーム内で簡単に朝礼をして、メールチェックを行います。
内容を見て、1日の業務をシミュレーションします。

9:15~11:30 課外活動の報告書を作成するため、情報収集や分析を行います。また、学生の窓口対応もあります。

11:30~12:30 休憩。学食に出向き、同僚と一緒に昼食を食ベることが多いです。

12:30~13:45 学生面談。学生のお昼休みや空き時間を利用して、連絡事項の伝達や呼び出しを行います。

14:15~17:15 会議にふたつ出席します。
他部署との合同ミーティングで課題や改善点を共有し、学生の留学支援のあり方について検討します。

17:15 業務終了。退勤します。

大学職員になるには

国立・私立で採用試験が異なる

大学職員になる方法は、国立大学と私立大学それぞれで異なります。

国立大学の場合、国立大学法人が独自に実施する試験を受け、それに合格した人を各大学がそれぞれ採用する仕組みとなっています。

私立大学の場合は、各学校法人が独自に行っている採用試験を受験します。

学校法人ごとに年齢制限があることが多いほか、人気の高い職業であることから、受験生の大半は「大卒」以上の学歴を持っているようです。

大学職員の試験は年に一度しか行われないことが多いので、チャンスを逃がさないようにしましょう。

大学職員の学校・学費

卒業生でなくても職員になれる

大学職員になる条件として「その大学の卒業生でないと職員になれない」というわけではありません。

関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験の場合、

「出身大学が採用に影響するということは全くありません。現に、私立大学出身者も多数採用されています。二次試験は人物重視で行われています。また、誰かからの紹介や縁故によって採用をするということも全くありません。」

と説明されています。

私立大学の場合も、過去には卒業生や縁故での採用というケースも多かったようですが、現在ではほとんどが是正されているようです。

大学職員の資格・試験の難易度

語学力やパソコンスキルが役立つ

大学職員は、特別な資格が必要な職業ではありません。

ただし、仕事をする上で持っておくと役に立つ資格はあります。

近年ではどこの大学でも留学生の受け入れが盛んになり、大学職員は日本語が十分に話せない学生のサポートをする機会も増えてきています。

こうした際に役に立つのが語学のスキルです。

英語だけでなく、中国語などを話せることも仕事で生かせるでしょう。

また、WordやExcel、PowerPointのような基本的なパソコンスキルも事務仕事をする上では大いに役立つでしょう。

大学職員の給料・年収

安定した収入を得られる仕事

大学職員の給料や待遇は、国立大学や私立大学、また勤める大学によっても異なります。

私立大学では年齢とともに給料が上がることが多く、首都圏の人気私立大学では年収600万以上となることも珍しくありません。

国立大学の給料は、大手民間企業や一般的な公務員とさほど変わらないケースが多いようですが、生涯にわたって安定した収入を得られることが期待できます。

こうした待遇の良さが、人気職業となるひとつの理由にもなっているようです。

大学職員のやりがい、楽しさ

多くの人と出会い成長できる仕事

大学というのは、全国から入学してくる大学生はもちろんのこと、他国から勉強に来る留学生、優れた研究を行っている研究者、取材で訪れるマスコミなど、さまざまな人と出会う場所です。

立場や価値観の違うたくさんの人との出会い、自分を成長させながら仕事をすることができます。

一般企業では、日常業務の中でこれほど多くの人と関わることは少ないため「たくさんの人と出会いたい」「いろんな価値観に触れてみたい」という好奇心旺盛な人にとっては、非常に刺激的な職場と言えるでしょう。

大学職員のつらいこと、大変なこと

学生や教授の要望に応える大変さ

大学職員の仕事には、学生や教授の相談に乗ったり要望を聞いたりすることもあります。

ときには大学に関するクレームを受けたり、無茶な要望を受けたりすることもあります。

こういった学生や教授に対して真正面から向き合わなければいけないのが「裏方」である大学職員の役目です。

ときには腹の立つことや、大学側との板挟みになることもありますが、根気強く向き合い続けることで双方が納得する解決の道をさぐることが大切なのです。

大学職員に向いている人・適性

教育に関心がありサポート心のある人

大学職員は、業務を通して、大学生の学びや研究者の研究活動を支えることができます。

教育に興味がある人、研究をサポートしたい人は大きなやりがいを感じることができます。

大学職員は主に裏方仕事のため、自分自身が華々しく活躍することよりも人のサポートをすることに喜びを感じられる人に向いている仕事と言えるでしょう。

また、世話好きで面倒見のいい人は、学生の相手をしたり対応をしたりする際にその能力を十分に発揮することができるでしょう。

大学職員志望動機・目指すきっかけ

教育現場への考えを持っておく

大学職員の志望動機の場合、自分がなぜ大学職員になりたいかだけでなく、なぜその大学を選んだかということを説明できるようにしなくてはなりません。

大学の出身者であれば自分自身の経験談を交えながら比較的簡単に説明できるでしょう。

一方、他大学の出身者の場合は、その大学の特色や経営方針、現学長の考え方などをしっかりと研究をした上で、自分が共感した部分や感動した部分について語れることが大切です。

また、大学の役割とは何なのか、これからの大学のあり方など、教育現場に関する考えを持っておくことも必要でしょう。

大学職員の雇用形態・働き方

派遣やアルバイト、非常勤職員も多い

大学職員は正規の職員だけでなく、非常勤職員としてアルバイトやパートタイムの大学職員も働いています。

他の企業と同じように時短や曜日限定で働く事務系非常勤職員も数多くいます。

このような事務系職種は、ハローワークや一般の求人広告などによって募集されます。

一方、大学ならではのものとして教育・研究系非常勤職員の職種があります。

たとえば研究補助員、教育補助員のような名前で募集され、正規雇用ではないものの教育・研究業務に携わることができるので、人気を集めています。

大学職員の勤務時間・休日・生活

規則正しい勤務で休みがとりやすい

大学職員の勤務時間は、大学の開講時間に合わせたスケジュールです。

主に一限目が始まる8時半頃から六限目が終わる18時頃まで働いて退社することが多いようです。

大学によっては社会人向けの夜間講座を開いているところもあり、この場合は、担当職員は昼前に出社して夜まで働くというスケジュールになるようです。

いずれにしても、規則正しい勤務ができるのが大学職員の働き方の特徴です。

また、多くの大学では前期と後期の間に長期の休みがあり、一般的な企業に比べると職員も休みを取りやすいというのが特徴です。

大学職員の求人・就職状況・需要

人気が高く常に高倍率

大学職員は、教育現場で働けるという社会的な信頼の高さや安定感から、人気の職業となっています。

大学職員の募集は定期的に行われますが、少なくて数名程度、多くても数十名ということがほとんどです。

それに対して一次試験の申込者数は数百名?数千名にのぼるため、倍率が上がり、厳しい競争が繰り広げられることになります。

近年は、少子化が進み授業料での収入が減る中、大学職員の採用を停止したり、採用数を減少させたりしている大学も少なくないため、非常に狭き門となっています。

大学職員の転職状況・未経験採用

中途採用も人気があり倍率が高い

大学職員の中途採用を行っているところも多くあります。

募集の種類によっては、大学職員としての経験者を募集することもありますが、さまざまな能力をもつ人材を揃えるため、前職で教育関係の仕事をしていなくても問題はありません。

ただし、大学職員は人気職であり、新卒採用はもちろんのこと、中途採用も非常に厳しい倍率となることが予想されます。

また国立大学の場合も私立大学の場合も、年齢に明確な条件がついているところがあるので注意しましょう。

大学職員の現状と将来性・今後の見通し

少子化の影響により経営が厳しく

大学職員は、その安定性や収入面、待遇面の良さから、非常に人気が高い職業の一つとなっています。

ところがいま、大学の数が増える一方で、少子化の影響により経営が厳しくなっている大学も少なくありません。

すでに地方の私立大学や小規模な大学では定員割れを起こしているところもあります。

このような状況が進めば、大学職員の待遇に影響が出る可能性も否めませんので、目指す人は各大学の経営状況や将来性をしっかりと見極めることが大切といえそうです。