ケアマネジャーの仕事内容

お年寄りと介護保険サービスをつなぐ

平成9年、日本ではじめて介護保険制度がスタートしました。

介護保険制度とは、高齢化社会に向け、福祉サービスの充実を図るためにできた制度です。ケアマネージャーはこの介護保険サービスの中核を担うために生まれた比較的新しい職種です。

ケアマネージャーとは、正式名称を「介護支援専門員」といい、介護を必要とするお年寄りと介護保険サービスをつなぐ大切な役割をもっています。

ケアマネージャーの仕事内容は一言では言い尽くせないほど多岐にわたりますが、主に下記のような仕事をしています。

1,お年寄りやその家族の介護相談
2.ケアプランの作成
3.要介護認定の書類作成代行

1,お年寄りやその家族の介護相談

ケアマネージャーの仕事は、お年寄りとその家族からの介護相談から始まります。依頼は、ご本人やご家族から入ることもあれば、地域包括支援センターなどからあることもあります。

その相談内容をもとに、よりよい介護サービスを受けられるよう手助けをおこないます。利用者と初めて対面する面談では、ケアマネジャーの役割をきちんと伝えることが大切です。

適切な援助をおこなうには、お年寄りと関わりのあるすべての人やサービス(家族、親族、かかりつけの病院や介護サービス)と連携をとることが必要。

利用者がすでに介護サービスを使っている場合は、主治医や事業所から情報を入手します。

定期的にサービス担当者会議(お年寄りと利用するサービスの担当者、主治医などが集まり話し合いをおこなう場)をセッティングするのもケアマネージャーの大切な仕事ひとつです。

2.要介護認定の書類作成代行

・新たに介護保険サービスを利用したい
・病気をして今までよりも介護の手がかかるようになった

などの状況になったときには、地方自治体へ要介護認定の手続きが必要です。

要介護認定とは、介護が必要な状態であると市区町村が認定することです。要介護認定を受けることによって、介護保険の給付を受けられるようになります。

しかし、要介護認定の手続きには専門的な知識が必要な上、細かな書類を作成しなくてはなりません。

そこでケアマネージャーの出番。お年寄りまたは家族に代り申請書類を作成し、認定調査を受ける手配をおこないます。

3.ケアプランの作成

ケアプランは、一言で言えば介護サービスの説明書とスケジュール表のようなもの。ケアマネージャーのつくるこの「ケアプラン」なしには介護サービスを受けることはできません。

「訪問介護」や「施設のデイサービス」など、介護の方法はさまざまであり、ケアマネジャーはその中で最適なプランを考えます。

ケアプランはお年寄りとその家族の要望から、どんなサービスがその人に最も必要なのかを吟味してつくられ、どんな目的でいつどんなサービスを利用するのかが記載されています。

ケアプランの作成は、ケアマネジャーの業務の中で、中核的な仕事といえるでしょう。

お年寄りや利用する介護サービス事業所にも配布されるので、解かりやすい言葉でていねいに作成することも大切です。

利用者やご家族に原案を確認してもらい、同意が得られればケアプランにサインと捺印をしてもらいます。

ケアプランに沿って介護サービスを提供するためには、実際に支援を行うサービス事業者の選定が必要になってきます。

ケアマネジャーはどの事業者を選定するのか、利用者の意向を尊重して、事業者を選定して連絡・調整を行います。

4,モニタリング

実際に介護サービスが開始されれば、ケアマネジャーは定期的な訪問で健康状態やサービスなどのモニタリングを行います。

・サービスはしっかりと提供されているのか
・サービスが利用者に合っているのか
・利用者の状態に変化はないのか
・利用者ご本人やご家族は、サービスに満足されているのか

などを確認し、必要に応じてケアプランの変更もおこないます。

まだまだある。ケアマネージャーのその他の仕事

上記に挙げた仕事以外にも、ケアマネージャーには

・介護保険の給付請求
・各介護サービスとの連絡調整
・新規利用者の獲得

などありとあらゆる仕事があります。

そんなケアマネージャーの仕事を一言で例えるならば、お年寄りが安心して介護サービスを受けるための縁の下の力持ちといったところでしょう。

仕事体験談