ケアマネジャーのつらいこと、離職

ケアマネジャーが不安に思うこと

給料が上がらない

ケアマネジャーの仕事は、毎日多忙で、煩雑な業務に追われることがあります。

利用者の方の生活や生命に関わる大きな責任を抱えながらも、お給料はそれに見合ったものとはいえないかもしれません。

給与が低く、家族を養うのが大変というケアマネジャーがいるのが現状です。

介護報酬が上がらず、利用者の担当件数の制限があるため、ケアマネジャーの給料は過去の水準よりも年々下がっているといわれていますが、女性が多く働く仕事の中では給料面はそれほど悪いわけではありません。

また、この超高齢社会の中でケアマネジャーの職業は大変重要な役割を担っていますので、強いやりがいを感じて仕事をしている人は多いです。

制度の改正が多い

介護保険制度は5年ごとに改正されますが、そのたびに、制度が変わり、ついていくのが大変と業界ではいわれています。なので、臨機応変な仕事の仕方が大事です。

古いことにこだわって仕事をするよりも、頭を切り替えて、新しいことを覚えるようにする必要があります。

ケアマネジャーの離職の一例

ある有料老人ホームでは、ケアマネジャーが1年もしないうちに辞めてしまうそうです。

その有料老人ホームは、まだ新しいホームなうえ、介護保険を利用していない入居者が大半なので、ケアマネジャーはケアマネジメントする仕事があまりありません。

ケアマネジャーとして雇われているものの、毎日の仕事の半分は、ヘルパーの助手という形で介護の仕事をしているそうです。また、介護の仕事以外にも、入居者獲得のための営業活動も行っています。

ケアマネジャーとして意気揚々と働く意欲を持っていたケアマネジャーが、この仕事内容にがっかりして、離職してしまうとのことでした。

そして、ケアマネジャーは資格さえ有効であれば、すぐに別の事業所でケアマネジャーとして働くことが可能なので、業界内での転職が多いそうです。

転職や離職を繰り返さないようにするためには、勤務先の事業所でどのような業務を行うのかをしっかりと調べることが必要となります。

仕事体験談