ケアマネジャーの需要と求人・採用募集状況

ケアマネジャーの需要と求人

介護保険制度が創設されてから多くのケアマネジャーが試験に受かって資格を取っており、ケアマネジャー自体は飽和状態になりつつありあます。

そこで、ここ近年はケアマネジャーの合格水準が抑えられてきたといわれています。

それでも、日本の超高齢社会では、今後もまだ高齢者の増加によりケアマネジャーの働く場は増加傾向にあるため、ケアマネジャーの需要はまだまだあります。

ケアマネジャーは業務独占の資格です。誰がやってもいいという仕事ではありません。ハローワークの求人を見ても、介護の仕事に次いで、中途採用としてはケアマネジャーの求人は軒並み多いです。

とくに、居宅介護支援事業所やグループホームなど、事業所が新しく立ち上げられて、ケアマネジャーの確保を必要としているケースが多く見受けられます。

また、せっかくケアマネジャーの試験に合格して資格を取得しても、実際に仕事をしないままいる人もたくさんいます。そして、離職する人もこの介護業界は非常に多いので、ケアマネジャーの求人は常に途絶えていない状況です。

採用募集状況は?

ケアマネジャーの求人をみると、最近では、採用条件として1年ほどのケアマネージメントの経験があること、基礎研修を修了している人、主任ケアマネジャーを持っていると望ましいなど、経験者優遇の見出しが増えてきています。

ケアマネジャーの資格を取得するまでに5年以上の実務経験を持っていることが条件とはいえ、まったく在宅介護の現場を知らない人が在宅のケアマネジャーをするというのも少々大変です。

また、施設で働いた経験がないという人が、ヘルパー経験しかないままケアマネジャーを取得して施設ケアマネをするというのもちょっときついかもしれません。

とはいえ、採用側は応募者の経歴や人柄を重視するようですので、本人のやる気次第でカバーできることも多くあります。

なお、ケアマネジャーの求人の多くは、常勤が多く、短時間のパートは地域によってはあまりありません。

仕事体験談