ケアマネジャーは結婚、子育てしながら続けられる?

女性が多いケアマネージャー業

現在、ケアマネジャーのじつに7〜8割を女性が占め、ケアマネージャーとして活躍している女性の大半が子育て真っ最中の30〜40代という調査結果が出ています。

ケアマネージャーの資格をもつ人の多くが医療、福祉関係の有資格者です。

ケアマネージャーの仕事を選ばずとも、保有する資格を活かす仕事はいくらでもあるはず。でも、なぜ30〜40代の女性にケアマネージャーの仕事が選ばれているのでしょう。

それには、ケアマネージャーの働き方が大きなカギとなっています。

介護福祉士や看護師の仕事のほとんどが変則、夜勤勤務があるのに対して、ケアマネジャーの仕事は夜勤がない上に、土日祝日が休日の場合も多く、育児と仕事を両立しやすい環境が整っています。

また、同僚や上司も同じ境遇の子育てママが多いため、子どもの急な発熱で早退をしなくてはならないときでも理解があり、育児と仕事の板挟みになる心配が少ない点があげられます。

そしてパートや常勤など、働き方の自由度が高いことも大きな理由です。

子どもが手にかかる時期はパート勤務、子育てが一段落すれば正社員へと事業所の側も積極的にキャリアアップを支援する体制を整え有望なケアマネージャーの確保に力を注いでいるのです。

子育てをしながら正社員として働くには?

夜勤がなく、休日体制も整っているケアマネージャーの仕事。しかしながら、産休〜育休を利用し働きながら子供を産み育てていくには周りのバックアップ体制が必要不可欠です。

地域によっては待機児童の問題も重なり、子どもを日中預ける場を確保しておく必要がありますし、夜勤はないものの、利用者の急変やトラブルの対応に追われることも多く、定時に帰宅できない場合もあります。

そのため、現役のママさんケアマネージャーは三世代同居の家庭が多く、祖父母が子供の面倒をみてくれる環境にあります。

その一方で、短い時間、扶養範囲内で働く選択肢があるのもケアマネージャーの魅力です。パートなら、たとえ核家族であっても、子どもが幼稚園に通っている間、短時間だけ働くことも可能です。

自分のライフスタイルに合った働き方のできる仕事だからこそ、ケアマネージャーを目指す女性が増えているともいえます。

仕事体験談