銀行員から他業界への転職で多いものは?

銀行員を辞める理由で多いものは? 離職率は?

 

銀行員を辞める理由で一番多いものは厳しいノルマといえます。

銀行員の場合、個人営業・法人営業のどちらもさまざまなノルマが半期ごとに課せられ、ノルマを達成するために日々営業をします。

ノルマが達成できなければ支店の成績や人事・賞与などにも影響があるので、支店一丸となりノルマ達成するために努力します。

できていない営業員は「なぜできていないのか」、「どの顧客で達成するつもりなのか」を上司から確認や話し合いの機械が増えるので、それをプレッシャーに感じてしまう人も多いです。

実際に離職率も他業種と比べると高く、離職を前提に新卒採用の人数は多くなっています。

また、銀行は顧客から大切なお金を預かるため、銀行業界独特の厳しいルールがたくさん存在します。

たとえば、顧客から預かった資料をなくした場合、支店中でシュレッターやごみ箱まで捜索し、万が一見つからなかった時は顛末書を書いたり、重大なミスと判断されれば降格されたりということもあります。

このような銀行文化を窮屈に思い、辞めてしまう人も多いです。

銀行員のつらいこと・大変なこと・苦労

銀行員の転職状況や需要

 

銀行員は仕事に対してまじめでストイックな人に教育されているという印象があるので、比較的転職はしやすい傾向にあります。

ノルマに対してシビアで、ミスに対して厳しいということは周知されているので、その辺りをアピールすると転職しやすいでしょう。

また、他のどの業界よりも先輩・後輩関係に厳しいので、礼儀正しいところも評価される可能性が高いです。

ただし、銀行のルールや文化、仕事のやり方は他業種にすると非常識といわれることが多々あります。

特にパソコンは基本的に銀行独自のツールを使うのでエクセルの数式やパワーポイントなどをビジネスレベルで使える人は少なく、他業種に転職する場合は転職先で困らないように勉強する必要があります。

銀行員の転職先で多いものは?

銀行員の転職先で多いのは保険・証券・コンサルティングなどの仕事内容が近く、資格も活かせる金融業界になります。

同業種のため文化やルールは馴染みやすく、スキルアップや年収アップを目指して転職する人が多いです。

これらの業種の場合、銀行で良い成績を残しているという噂が広まると、ヘッドハンティングされる可能性もあります。

また、メーカーや商社などの他業種に転職する場合、経理部や財務部などの数字を扱う部署で活躍することを期待されます。

法人営業担当者の場合、直接担当先の社長や経理担当から経営のノウハウを学ぶこともできるので、転職ではなく起業を選ぶ人も多いです。

銀行員の経験は他の仕事でも生かせる?

銀行のルールや営業の仕方は独特なので、他業種に転職する場合、最初慣れるまでには時間がかかります。

ただし、ノルマに対するストイックさや、ただ前向きに仕事を進めるだけではなくデメリットやリスクも同時に考える姿勢はどの業種に転職しても生きてきます。

また、銀行員は数字に対して強くなるので、資料作りでミスが少なく、正確に目標に対してやるべきことなどを把握できるので、その辺りも評価されやすいです。

営業だけではなく、一般職として営業事務などに配属される場合も、在庫管理や入出金管理など、正確に処理ができると重宝されます。

銀行員の年齢ごとの転職状況は?

銀行員は転職が多い職種ですが、特に入社1~3年目までが銀行員を辞めて転職をしようと思う人が一番増える時期です。

「ノルマが厳しすぎる」、「ルールが厳しい」、「他にやりたいことができた」などさまざまな理由がありますが、第二新卒としても転職しやすいので、若手の内に転職しようと考えるのでしょう。

また、銀行は出世レースもシビアなので、最初の昇格がある30代前半で出世ができなかった人が評価されなかったことをショックに思い、辞めてしまう場合も多いです。

ただし、そこを乗り越えると仕事も慣れてくるので、安定を求めて転職をする人は少なくなります。

その他にも、銀行は50歳になると関連会社や取引先に出向する場合がほとんどですが、出向するより自分で選んだ仕事をしたいと思う人の転職が40代~50代で増える傾向にあります。