薬剤師のやりがい

患者さんと薬の架け橋に

薬剤師という仕事の大きなやりがいは、患者さんと薬の架け橋になれることです。

薬局で働く薬剤師は、薬を処方するときに必ず患者さんに薬について説明することになっています。その薬がどんな効用のあるのか、どのように服用すれば良いのか、どんな副作用が考えられるかを丁寧に説明して患者さんに理解してもらうのです。

この説明によって患者さん自身が薬の正しい知識を持つことで、確実な服用につながります。

何度も薬局を訪れる患者さんが、自分の手渡す薬によって症状が改善していくのを見ると、薬剤師は治療をサポートしている喜びを感じることができるのです。

最近では、医療現場での「インフォームドコンセント(患者さんが医師から十分な説明を受けた上で治療方針に合意すること)」が重視され始めたことや、インターネットの普及で一般人でも簡単に医薬品の情報を調べられるようになったことから、自分の使っている薬に関心をもつ患者さんも増えてきました。

薬を手渡されるとき、薬剤師に積極的に質問してくる人も多いのです。

こうした患者さんに対して、わかりやすい説明ができて「あなたに聞いて良かった!」と言ってもらえたときにも、やりがいを感じることができます。薬剤師は、患者さんと薬の架け橋として欠かすことのできない存在なのです。

投薬のミスマッチを防げ

薬剤師が窓口で患者さんとやりとりをするなかで、患者さんがアレルギーを持っていることや妊娠していることがわかる場合があります。

こうした場合、健康体の人が薬を飲むときとは違う副作用が起きることがあるので、すぐに治療方針を変えるなどの対応が必要です。

このようなことは、本来は病院の診察のなかで発覚すべきことではありますが、短時間の診察のなかで医師が気付くきっかけがなかったり、患者さん自身がそのときには言い出せなかったりすることもあります。

薬の最終確認を行う薬剤師は「薬のミスマッチによる健康被害を未然に防ぐ」という大事な役割を果たすことができるのです。

薬剤師のなかには、こうした使命感のもと、薬局を訪れる患者さん一人ひとりに丁寧なカウンセリングを行うことを大事にしている人もいます。