薬剤師の役割

薬の処方ミスを防ぐ

薬剤師と言うと、病院や保険調剤薬局で薬を手渡してくれるスタッフのことを思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか。

こういった医療現場で働いている薬剤師は、医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合するのが大切な仕事です。

しかし、薬剤師は、ただ処方せんどおりに調合すれば良いというわけではありません。

薬には副作用のリスクがつきものです。患者さんが他にも薬を飲んでいないか、アレルギー体質がないか、妊娠していないかなど、薬の副作用を起こす条件がないかどうかを手渡す前にしっかり確認しなければいけません。

こうした確認は、もちろん医師が薬を処方する際にしておくべきことではあるのですが、慌ただしい診療時間の中で確認が十分できていないということもありえます。

薬剤師が慎重に最終確認し、二重にチェックをすることによって、処方ミスをより確実に防ぐことができるのです。

患者さんと薬の架け橋に

昔は、病院で医師から処方された薬であれば、患者さんは特に疑問を持ったり自分で調べたりせずにその薬を使用するというのが一般的でした。

しかし、医療現場での「インフォームドコンセント(患者さんが医師から十分な説明を受けた上で治療方針に合意すること)」が重視され始めたことや、インターネットの普及で一般人でも簡単に医薬品の情報を調べられるようになったことから、患者さんも自分の薬のことをちゃんと知るべきだと考えられるようになりました。

最近では多くの調剤薬局で、「お薬手帳」という患者さん一人ひとりの薬の使用歴を記録した手帳を配っています。もはや、自分の使っている薬の種類を言えるのが当たり前の時代なのです。

このような時代の変化のなかで、薬を手渡されるときに薬剤師に積極的に質問する人も増えています。患者さんと薬の架け橋となるのが、これからの薬剤師の大切な役割なのです。