薬剤師の仕事内容

医薬品のスペシャリスト 薬剤師は医薬品に関するスペシャリストです。人々の病気やケガを治すために、薬を調合したり研究したりするのが仕事です。 一般的によく知られている薬剤師の活躍の場は、調剤薬局です。 「調剤」とは、医師が … 続きを読む

薬剤師の就職先、活躍の場

病院や薬局で働く薬剤師 薬剤師の活躍の場は、大きく分けて3つあります。 ひとつは病院や調剤薬局のような、薬を患者さんに供給する医療施設。薬剤師はこういった医療現場に常駐し、医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合したり … 続きを読む

薬剤師の役割

薬の処方ミスを防ぐ 薬剤師と言うと、病院や保険調剤薬局で薬を手渡してくれるスタッフのことを思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか。 こういった医療現場で働いている薬剤師は、医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合す … 続きを読む

薬剤師の魅力

女性が活躍しやすい職業 薬剤師は、女性が活躍しやすい職業だと言われています。現在働いている薬剤師の男女比率を見てみると、4(男性):6(女性)と、女性が多いことがわかります。 なぜそれほど、女性が多いのでしょうか。 理由 … 続きを読む

薬剤師の1日

薬剤師のタイムスケジュール 薬剤師の代表的な活躍の場は、調剤薬局です。調剤薬局で働く薬剤師は、店舗の開業時間に合わせて9時〜17時頃に働くのが一般的です。 一日の流れは、このようになります。 8:40 出社、白衣に着替え … 続きを読む

調剤薬局の薬剤師

調剤薬局で働く薬剤師 薬剤師の活躍の場として最もイメージしやすいのが、調剤薬局でしょう。 病院内や病院の近くにある薬局に常駐し、医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合して患者さんに渡すのが主な仕事です。多くの人が、病 … 続きを読む

病院の薬剤師

入院患者さんの投薬をサポート 薬剤師というと一般的には「薬局の窓口で薬を処方してくれる人」というイメージが強いようですが、実際にはさまざまな活躍の場があります。そのひとつが、病院です。 病院にはたくさんの患者さんが入院し … 続きを読む

ドラッグストアの薬剤師

増える「ドラッグストア薬剤師」 最近では、医薬品や化粧品がたくさん揃えてある「ドラッグストア」が全国的に急増しており、ドラッグストアに勤める薬剤師も増えています。比較的給与が高いことが多いようです。 薬剤師が常駐している … 続きを読む

製薬会社の薬剤師

医療の未来を担う研究職 薬剤師の活躍の場のひとつとして、民間の製薬会社があります。 近年の医学や薬学の発展はめざましく、難病やがんを治療できるような最新の薬を作るため、世界中で薬の研究が行われています。効果の高い新薬を作 … 続きを読む

薬剤師のやりがい

患者さんと薬の架け橋に 薬剤師という仕事の大きなやりがいは、患者さんと薬の架け橋になれることです。 薬局で働く薬剤師は、薬を処方するときに必ず患者さんに薬について説明することになっています。その薬がどんな効用のあるのか、 … 続きを読む

薬剤師のつらいこと、大変なこと

ミスの許されない緻密な作業 薬剤師にとって最も一般的な仕事は「薬を調剤すること」です。実は、これはとてつもなく緻密な作業が必要な仕事です。 医師の処方せんに書いてある薬の分量は、○ミリグラム、○ミリリットルというように細 … 続きを読む

薬剤師の苦労

意外と体力勝負な一面も 薬剤師の仕事は、基本的には立ち仕事です。調剤薬局にしてもドラッグストアにしても、立ったまま窓口で患者さんに応対したり薬を処方したりするのが一般的です。 特に忙しい店舗で働く薬剤師の場合、ほぼ一日中 … 続きを読む

薬剤師の現状と将来性

薬剤師も厳しい時代へ 薬剤師と言うと「専門性が高くて給料も高く、売り手市場の職業」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 実際に今まで、薬剤師は資格を取ることができればあとは就職に困ることは少なく、安定 … 続きを読む

認定薬剤師とは

注目される「認定薬剤師」 薬剤師のなかには「認定薬剤師」という肩書きを持っている人がいます。 「認定薬剤師」というのは、一定期間内に薬学に関する研修に参加して単位を取得することで、薬学に関して自己研さんし続けている薬剤師 … 続きを読む

管理薬剤師とは

管理薬剤師の役割 管理薬剤師とは、店舗や薬局などでの薬剤を管理し、さらにすべての業務や従業員の管理・指導を行う薬剤師です。 一般的な薬剤師が調剤業務をメインとしているのに比べると,事業全体に関わる業務が中心になるといえま … 続きを読む

スポーツファーマシストとは

2009年開始の新しい資格 ドーピングとは、おもに薬物を不正に使用し、精神・肉体を強化すること、およびそれを隠蔽することを指します。 フェアプレーの精神に反するとして、スポーツ界全体で禁止されています。 世界的なアンチ・ … 続きを読む

薬剤師が勉強すること

大学での勉強 薬剤師になるには、大学での6年制の薬剤師養成課程を卒業する必要があります。 薬剤師の国家試験に合格するため、大学では多くのカリキュラムが組まれています。 一般的に、1・2年次では「有機化学」「分析化学」「物 … 続きを読む

服薬支援での薬剤師の役割

服薬支援とは 高齢の患者さんでは、いくつかの病気を抱えていることも多く、飲む薬の種類や数が多かったり、飲むタイミングや方法が複雑になることが問題になる場合も少なくありません。 また認知機能の低下により、自分で薬を管理する … 続きを読む

ジェネリック医薬品と薬剤師の役割

ジェネリック医薬品とは ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発品)の特許期間を過ぎてから製造・発売される医薬品です。 先発品の企業とは別の製薬企業が製造・提供し、先発品と同じ有効成分・同じ効果をもつとされていま … 続きを読む

薬剤師によるフィジカルアセスメント

フィジカルアセスメントとは 「フィジカルアセスメント」とは、患者さんの血圧や脈拍、呼吸数、体温などの身体的情報(バイタルサイン)を測定して集め、その情報を評価することです。 病院や調剤薬局、ドラッグストア、また在宅療養の … 続きを読む

薬剤師として海外で働くには

海外勤務の実情 海外で薬剤師として勤務する場合、日本の薬剤師資格のみで通用することはほとんどありません。 まずその国の資格試験に合格し、薬剤師の免許を新たに取得しなければなりません。 しかし、国によって薬の使用に関する法 … 続きを読む