結婚、子育てしながら薬剤師として働ける?

規則正しい勤務時間

薬剤師は、女性が活躍しやすい職業だと言われています。実際に調剤薬局に行くと、たくさんの女性薬剤師の姿を見ることができます。

その理由のひとつとして、薬剤師は資格を持っている人しかできない専門職であり、資格さえとれば待遇や仕事内容において男女が差別されないということがあげられます。

男性と同じように活躍したいと願う女性にとって、対等に仕事ができる働きやすい職場環境があるのです。

さらに、調剤薬局で働く薬剤師は、勤務時間が「朝から夕方まで」と常に一定です。看護職や介護職のように泊まり込みでの勤務があるわけではありませんし、一般企業の社員のように深夜残業や出張があるわけでもないのです。

こうした規則正しい勤務時間は、結婚や子育てをしながら仕事をする女性にとって、大変両立しやすい環境だと考えられています。

再就職やパート勤務がしやすい

女性薬剤師は、再就職やパートがしやすいことでもよく知られています。

一般企業であれば一度退職してしまうと復職するのは大変ですが、資格を持っている職業は専門性が高いので、結婚や出産で退職をしても再就職がしやすいのです。

また、最近は大型ドラッグストアの出店が多く、薬剤師の資格保持者に対するパートやアルバイトの求人募集は全国的にたくさん出ています。

家事や育児があるのでフルタイムの勤務はできないけど、短時間で働きたいという場合は、パートやアルバイトでの働き方を利用することもできます。

「男性と同じように正社員でバリバリ働き続けたい」「結婚や育児で一度は退職しても、子どもの手が離れたらまた正社員で働きたい」「家事や育児をしながらパートで働きたい」というように、女性が持つさまざまな働き方の希望を叶えることができるのが、薬剤師という職業の大きな魅力です。