整体師の現状と将来性

整体師の現状

整体師は、西洋医学的な治療を用いず、人間本来の自然治癒力を高めるために、骨盤など体の歪みを独自の手技によって改善していく仕事です。

慢性的な肩こりや体の痛みがあると、一度は病院へいく人も多いでしょう。しかし、病院で特に異常がないと診断されたら治療をほとんどしてもらえないといった悩みを持つ人もおられます。

こういった多くの患者さんが整体院に通院しています。また、最近では産後の骨盤の歪みを気にする女性からも人気があります。

このように、現状では整体師は一定の患者さんからのニーズがあり、安定した職業だといえるでしょう。

少子高齢化社会の影響

今後、日本の高齢化が進んでいくことは必至です。

また、今後は団塊の世代、団塊ジュニアといった年代が医療・健康分野にますます興味を示し、いつまでも健やかに暮らすために、整体をはじめとした代替医療を利用する割合が増えてくると予想されます。

したがって、整体師のニーズも見込めるでしょう。

一方で、日本の将来への不安が高まる中、安定した職業を目指す若者が増えると予想されます。

整体師は、国家資格が不要でありながら、将来は独立開業もできる職業であるため、整体師を目指す人は増える可能性もあります。

需要の増加が見込まれる反面、競争も厳しくなっていくという状況です。

ですので、今のうちから、他の整体師とは違う専門性をアピールできるような知識と技術を身につけておくとよいでしょう。

美容整体の需要の高まり

現状は、患者さんの体の不調を整体によって改善していくという手法で十分かもしれません。

しかし今後は、体の不調を整えるだけではなく、体の美容面での悩みに対して改善していく技術を持つ整体師もいっそう求められていくでしょう。

たとえば、ヨガと整体を組み合わせた美容整体や、リラクゼーションを目的としたマッサージ整体など、女性をターゲットにした整体の需要が高まっていくことが見込まれます。

この分野は未だ開拓の余地があるため、美容整体の専門的知識を学んでおき、専門性をアピールできるようにしておくと今後有利となっていくかもしれません。

仕事体験談