整体師の資格

整体師に資格は不要

整体師は職業で分類するならば医療福祉系の仕事になりますが、国家資格は一切不要です。

国家資格が必要な仕事としては下記のようなものがあります。
柔道整復師の仕事
あん摩マッサージ師の仕事
鍼灸師の仕事

これらの資格を取得するためには、それぞれの養成学校で学び、国家試験に合格することが必要です。

整体師の場合は、民間資格はありますが、整体師として働くには必ずしも資格は必要ではありません。

そのため、極端にいえば、まったくの未経験でも整体師の仕事をすることができます。

しかし、患者さん側からしてみれば経験が浅い整体師の施術は不安になりますし、あいまいな知識での施術は危険もあります。

たとえ国家資格は不要であっても、人の体に触れる責任の強い仕事のため、学校などに通い、整体の方法や体の構造などの知識をしっかりと学んでおくことが非常に大切です。

整体師の資格は認定資格

整体師の国家資格はないため、整体に関する事柄を学んだ証明として患者さんにアピールできる資格は、民間資格のみとなります。

整体師の民間資格は、整体学校や通信教育で取得することができます。

整体学校や通信教育では、人間の関節や筋肉の動き方といった運動学や解剖生理学の基礎を学び、それに基づいた整体の手技を学んでいきます。

整体学校や通信教育のカリキュラムを無事に修了すれば、修了証が付与されます。これがいわゆる整体師の民間資格になります。

資格取得のメリット・デメリット

民間資格を取得すれば、資格の有無で整体師の技術を判断する患者さんには一定の信頼を得ることができるでしょう。

しかし、その一方で、民間資格はあまり役立たないという見解もあります。

その理由は、整体学校や通信教育で付与される整体師の民間資格は、学校が独自で認定している資格であり、整体業界や医療福祉業界全体で通用する資格ではないからなのです。

現状、民間資格を取得するメリットは、まったく資格のない整体師よりは患者さんからの信頼を得やすいという点と、就職に関しては少し有利になるという点です。

「整体師に関する資格を習得さえすれば将来安泰」というわけではないことを覚えておきましょう。

整体学校や通信教育で学び、整体師の民間資格を取得したい場合、学費や通学の問題も出てきます。

どのくらいの期間学び、どのくらいの費用がかかるのかは通う学校にもよりますが、通学制の場合、およそ一年間で100万円前後が学費の相場となっています。

したがって、それだけの学費を支払えるのかどうかもよく検討する必要があります。

整体学校で民間資格を取得するか迷っている場合は、整体師を目指す人向けに整体学校や整体院主催の短期講習会なども開催されていますので、試しに受講してみるのもおすすめです。

整体師に類似した資格

整体師に類似した民間資格として代表的なものに、「カイロプラクティック」があります。

カイロプラクティックとは俗に「カイロ」と呼ばれるものであり、いわゆる「アメリカ発祥の整体師」です。

アメリカ人のダニエル・デビッド・パーマー氏によって考案されたものであり、骨盤の歪みを調整することで身体の節々の痛みを改善しようというのがこの療法の意図するところです。

日本の整体師と同様、民間資格ですが、欧米の国々において法制化されるほか、国連の世界保健機関(WHO)によって世界カイロプラクティック連合(WFC)が認可されています。

仕事体験談