整体師と理学療法士の違い

整体師と理学療法士は働く場所が違う

整体師と理学療法士はどちらも人の体のケアをおこなう仕事ですが、まずは就業する場所が異なります。

多くの整体師は整体院やカイロプラクティック院、リラクゼーションサロン等で就業しています。

それに対し、理学療法士の主な就業場所は病院やクリニック、リハビリ施設などになります。

また、なかには特別支援学校の自立教科助教諭の臨時免許状を得て、学校教育現場で働く理学療法士もいます。

理学療法士は国家資格

整体師と理学療法士の大きな違いは国家資格の有無です。

理学療法士は国家資格の取得が必須となる職業です。大学や短期大学、専門学校において理学療法士になるのに必要な知識や技術を習得し、理学療法士の受験資格を得ることが前提です。

その後、所定の国家試験に合格し、ようやく「理学療法士」として働くことができます。

理学療法士の場合、主な就業場所が病院やリバビリ施設となりますので、原則として整形外科などの医師の指示を仰ぎながら、医師の診療の補助として治療を行います。

理学療法士の仕事

整体師は資格が必須ではない

一方、整体師になるには、国家資格は不要です。したがって、資格がなくても「整体師」を名乗ることは可能ですし、働くこともできます。

整体師が行う行為は「施術」であって医師や理学療法士など医療従事者がおこなう「治療」にはあたりません。

万が一、治療と称して施術をおこなった場合は法律により罰せられてしまいます。

しかし、整体とは、読んで字のごとく「体を整えること」を指します。自分の手足を使って患者さんの脊椎や骨盤、肩甲骨等の歪みを調整していく施術をおこなっていきます。

ですから、整体学校や講習会等の修了が義務付けられているというわけでもありませんが、顧客獲得のためにも、解剖生理学や運動学などの知識はあらかじめ学んでおいた方がよいでしょう。

誰にでも門戸が開かれている整体師という職業で成功するためには、たしかな整体技術をもっているのはもちろんのこと、他の整体師と差別化することも必要になってきます。

整体技術を応用し、心理カウンセラーや美容アドバイザー、カイロプラクター、リフレクソロジーなど他の資格と併用することで活躍の場もさらに増えるでしょう。

仕事体験談