整体師は国家資格? 民間資格?

整体師に必須資格はない

整体師を目指すにあたり、必ず取得しなければならない資格はありません。

したがって極端な話ではありますが今日からでも整体師を名乗ることは不可能ではないということになります。

民間資格が乱立

とはいえ、何の知識も技術もなく整体師として活動することは言うまでもなく無理な話です。

プロの整体師になるためには基本的な「指圧法」と「解剖学」を教育機関において習得するのが一般的。

整体師として必要な知識や技術を修得した証明として多くの学校では卒業と同時に独自に設置した資格を付与しています。

統一資格ではありませんが就職活動の際には自身が取得した民間資格が一つのアピールポイントになります。

必須資格がないとは言っても何の資格もなく整体師を目指す人はほとんどいないと考えられます。

学校によって資格取得の難易度はまちまち

整体師の民間資格を設置している教育機関は星の数ほどあるのが現状ですが、その教育水準や教育内容には非常に大きな差があります。

また、整体師養成校の多くは、日本の教育基準法・基本法に則っておらず、在籍していても法的に学生の身分が得られないこともしばしばです。

加えて就学期間も数日~二年程度とバラバラです。

当然、付与される民間資格にも差が出てくるわけです。

進学の際は慎重に学校選びをすべきであることを強調しておきます。

国家資格取得者は強い

整体師と同じく、身体の不調を手技によって取り除く専門家にあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師がといった職業があります。

柔道整復師の仕事
あん摩マッサージ指圧師の仕事
鍼灸師の仕事

これらは皆、国家資格を取得しなければ名乗ることができないものです。

整体が民間療法、代替医療に留まっているのに対して後者は医業にあたることからも門戸の広さに差があることが分かるでしょう。

整体師が医業を行うことはできませんが、逆は可能です。

国家資格取得者がスキルアップのために整体の知識や技術を学ぶことは珍しいことではありません。

これらの資格を持ちながら整体師として活躍している人もいるほどです。

国家資格が信頼のおけるものであることは自明であり、これらは整体師としての活動の幅を広げるものでもあるため、取得するにこしたことはありません。