整体師の独立開業

開院自体は誰でも可能

整体師を目指している方の最終的な目標の一つに「独立開業」があります。整体師が独立するには、必須となる資格はありません。

資金さえあれば誰でも独立開業することは可能です。しかし、何も技術が備わっていない、整体師の専門学校を出ただけというような場合、開業しても失敗し閉院してしまう可能性も否定できません。

では、整体師として独立し、成功している人はどんな人なのでしょうか。

成功している人は、いきなり開業せずに既存の整体院に就職し、数年間修行を積んで技術を磨いてきた人たちです。

また、勤務先で実績を積む間に、開業した時に自分の整体院にきてくれる潜在的な顧客や、開業に向けてアドバイスをくれる人との出会いがあるかもしれません。

そういった意味でも、いったん他の整体院に勤め、人脈を作っておくことは大切です。

このように、整体院は誰にでも開院はできますが、開業した整体院を持続させていくには、経験、技術、顧客、経営ノウハウが重要となるのです。

開業予定の整体院の方向性を決める

独立開業するのであれば、まずは整体院の方向性を定める必要があります。

どんな街で、どんなお客さまに来ていただきたいのかをいうことを考えながら、サービス内容や内装・雰囲気、価格といった点を考えていきます。

自分が経営したいと思っている整体院をなるべく具体的に頭の中でイメージするようにします。

技術の次に大切な経営のノウハウ

整体院を持つということは店舗を持つことです。整体師としてだけではなく、経営者として整体院を経営していかなければなりません。

当然、家賃、光熱費から施設や人件費など、雇われていたころには気にせずにすんだことも気にかけていく必要が出てきます。

整体院を成功させるためには技術や人間性も重要なのですが、経営方針がずさんであったり、アルバイトや受付のスタッフの給与などの未払いなどの問題を起こしてしまうようなことがあってはなりません。

また、どのようにすれば顧客が増えるのか、整体院の立地などマーケティングに関する知識も必要となってきます。

独立開業をするということは、一国一城の主になるということです。開業前にある程度の経営ノウハウを身につけておくことが求められます。

独立開業に必要な資金

整体師の仕事に関する知識と経営に関する知識を身につけたら、次は独立開業資金です。

整体師の資格を取得したら、独立開業する前に、整体院に就職する人がほとんどですが、その修行期間中にできるだけ多くの貯金をしておきましょう。

なかには自宅兼事務所でお金をかりずに独立開業する人もいますが、日本政策金融公庫の新創業融資、もしくは都道府県や市区町村が実施している創業融資などの融資を受けるのが一般的です。

独立開業しても、最初の3ヶ月までは患者さんがまったく来ないことを想定しなければなりません。

そのことをしっかり頭に入れたうえで、経営が軌道にのるまでの間の運転資金を準備しておく必要があります。

リピーター(ファン)をつける

整体院を開業し、長く安定した経営をしていくのであれば、リピーターをつくることが最も重要です。

患者さんに親身に丁寧な施術やコミュニケーションを続け、お客さんから信頼を得ていきます。「また来たい!」という患者さんが増えてくれば経営も安定してきます。

上手な宣伝方法も初期のお客さまを集めるためには必要ですが、技術があり、誠実に対応していれば自然に患者さんは集まるものです。

仕事体験談