作業療法士の仕事内容

精神的、身体的なリハビリが基本

作業療法士は、病気やケガなどが原因で身体に障害や不自由さを抱える人に対して、医師の指示の下でリハビリテーションを行い、日常生活に必要な能力を高める訓練や指導をする仕事です。

英語では「Occupational Therapist(オキュペイショナルセラピスト)」と呼び、略して「OT」とも呼ばれています。

作業療法士が専門とするのは、「リハビリ」のなかでも身体的・精神的なものになります。

身体的なリハビリというのは、関節を動かしたり、筋肉を発達させる訓練を行ったりすることで、身体機能に問題を抱える人をよりよい方向へと導くことです。

とくに食事、排泄、入浴といった日常生活を送るうえで必要になる動作(箸を持つ、炊事をするなど)を、リハビリによって訓練します。

また、精神的なリハビリは、精神に障害のある人などに対して、考え方を変えたり、あるいは気分を発散させたりするアプローチを行い、社会復帰を図ります。

どちらの場合も、ただ機械的に訓練を行えばいいというわけではなく、患者さん一人ひとりと向き合って、その人に合った方法でのリハビリを行います。

作業療法士以外のリハビリの資格

作業療法士と同じリハビリテーションに携わる国家資格として、「理学療法士」と「言語聴覚士」があります。

作業療法士が手芸や工芸などを通じて日常生活の基本的な動作を改善させる「作業療法」を行うのに対し、理学療法士は運動能力を回復する運動療法や物理療法、そして言語聴覚士は言語訓練などの言語聴覚療法を行います。

とくに作業療法士と理学療法士は仕事内容が近しい部分もありますが、作業療法士はリハビリを通じて手先などのより細かい動作、そして心身両方の回復を援助します。

理学療法士の仕事
言語聴覚士の仕事

作業療法で扱う訓練は日常的なものが中心

作業療法士が行う訓練では、日常的な動作や活動を取り入れていくことが多いです。

たとえば、洗濯物を干す動作や料理の動作のほか、織物、木工、書道、将棋、園芸、体操といった、趣味のひとつとして行われるような動作も取り入れます。

これらの動作は身体に適度な負担をかけることになり、それらの作業を通じて、体や指の動きをスムーズにしたり、精神的にリラックスさせたりする効果があります。

また、応用的な要素が強い動作でもあるため、単純な訓練に比べて判断力や記憶力を鍛えていくことができる場合もあります。

作業療法士は、患者さん本人や医師などと相談しながら、それぞれの患者さんに合うプログラムを考え、訓練を行います。

作業療法士として大切なこと

作業療法士として、医学や身体機能にまつわる専門的な知識をもっていることは必須といえますが、専門知識だけでなく、日常的な動作についても興味を持つことが大切です。

なぜなら、作業療法士は先にも挙げたとおり、料理や食事、洗濯といった日常的な動作を分析し、それを効果的に形を変え、訓練に取り入れていくものだからです。

健康な人であれば何気なく行っている動作にも着目し、それをどうリハビリに取り入れていくべきかを考えることが重要になってきます。

仕事体験談