リハビリ専門学校とは? 理学療法士・作業療法士を目指す方必見! 学費や入試まとめ

(読了時間:13分27秒)

リハビリ専門学校では、「理学療法士(あるいは作業療法士・言語聴覚士)になりたい」といったような、明確な目的意識を持つ学生たちが目標に向かって勉強をしています。

ただし、ひとくちにリハビリ専門学校といっても、学校によって時間割や学内イベント、実習先、就職サポート体制、学費などには違いがあります。

さまざまな学校を比較しながら、自分にとって理想の進学先を見つけてください。

リハビリ専門学校とは

リハビリ専門学校とは一般的に、「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」という3種類のリハビリテーション関連の専門職に就くための勉強をする学校のことをいいます。

これらの職業は、それぞれの養成施設として定められた専門学校などで所定のカリキュラムを修了することにより、国家試験の受験資格が得られます。

ただし、すべてのリハビリ専門学校で上記の3つの職業を目指せるわけではなく、学校によっては理学療法士と作業療法士の2種類の学科だけを置いていたり、作業療法士のみの勉強に特化したような学校もあります。

なお、言語聴覚士を目指せる学校は、他の2つのリハビリ資格職を目指せる学校に比べると数が少ないようです。

リハビリ専門学校で勉強すること、授業科目

リハビリ専門学校で勉強すること

リハビリ専門学校は、大きく分けると「3年制」の学校と「4年制」の学校がありますが、いずれも理学療法士・作業療法士・言語聴覚士といったリハビリテーションの専門職に就くための基礎から専門分野までを体系的に学ぶことができます。

前半(1年次、2年次前半)はおもに生物学物理学医学概論といった基礎科目を中心とした学びとなります。

さらに、解剖学、生理学、運動学、リハビリテーション医学といった専門基礎分野について学んでいきます。

2年次後半や3年次以降になると、理学療法や作業療法それぞれに関する専門分野についての授業科目が中心となり、あわせて臨床実習や国家試験対策も行われます。

在学中に国家資格を取得

リハビリ専門学校の大きな特徴としては、国家試験への合格を目指すためのカリキュラムとなっていることです。

所定のカリキュラムを修了すれば理学療法士・作業療法士・言語聴覚士それぞれの国家試験受験資格が得られるため、リハビリ専門学校で学んでいる学生たちは、まずはこの国家資格取得を第一のゴールに見すえています。

日常的に国家試験を意識した授業が行われますが、最終年次は国家試験の受験対策関連の授業が増え、模擬試験や確認テスト、補習なども適宜行われています。

就職に直結する実践的な学び

リハビリ専門学校の卒業後は、国家資格を持ったうえで病院や福祉施設などへ就職する人が大半を占めています。

リハビリ専門学校での勉強の特色のひとつとして、数ヵ月かけての「臨床実習」が行われることが挙げられますが、実習中の努力や成果が認められると、実習先から推薦を受けてそのまま就職となるケースもあるようです。

臨床実習は、リハビリの現場でどのように患者さんと対応していけばよいのかを体感し、より実践力を磨くために不可欠な時間です。

リハビリ専門学校では座学の授業だけではなく、実習を通して基礎を発展させていくような勉強に力が入れられることが特徴といえます。

リハビリ専門学校のカリキュラムは、国家試験への合格、そして就職の2つを見据えたものとなっています。

学校によって具体的な時間割や学びの流れは多少変わりますが、いずれの学校でもリハビリ職として求められる基礎から専門分野までを学ぶことができます。

リハビリ専門学校から目指せる職業・仕事

リハビリ専門学校から目指せる職業

リハビリ専門学校から目指せる職業としては、「作業療法士」「理学療法士」「言語聴覚士」の3種類が挙げられます。

これらはいずれも国家資格が必要な職業であり、なるためには指定された養成学校で一定期間学び、卒業する必要があります。

この養成機関に指定されているのが、一般に「リハビリ専門学校」と呼ばれています。

なお、リハビリ専門学校といっても全国にいくつもあり、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のすべての学科を備えている学校もあれば、理学療法士や作業療法士の学科のみの学校などもあります。

言語聴覚士については、他の2つの職業に比べると養成校の数が少ないため、学校選びの際は気を付ける必要があるでしょう。

実践力を磨いていくための臨床実習もある

上記で挙げたリハビリ関連の職業の国家試験受験資格を得るには、リハビリ専門学校に通う場合、その学校で3年以上学ぶ必要があります。

そのため、ほとんどのリハビリ専門学校が昼間部・3年制となっており、一般教養など基礎分野と、体の仕組みなどについて学ぶ専門基礎分野、また作業療法士・理学療法士・言語聴覚士の知識や技術について学ぶ専門分野について習得していきます。

一部のリハビリ専門学校には夜間部があり、その場合は4年制のことが多いようです。

なお、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士になるには、リハビリ専門学校での授業のほか、リハビリ病院や福祉施設などのリハビリ現場において、「臨床実習」といわれる実習を一定期間以上実施することが求められます。

リハビリ専門学校ではこうした実践力も身につけたうえで、リハビリの専門職として就職し、各現場で活躍していくことができます。

資格を生かして活躍する人が大半

リハビリ専門学校では、将来的にリハビリテーション職に就きたいと考える人たちが学んでいるため、卒業後は取得した国家資格を生かして働き続ける人が多くを占めています。

リハビリテーション関連の国家資格は一度取得すればずっと有効なものであるため、その点は就職・転職を考える際にも自分の強みとなるでしょう。

何らかの事情で一度現場を離れたとしても、また国家資格を生かして現場に戻ることも可能です。

リハビリ専門学校から目指せる職業は、ここで紹介したように限られてきますが、その分、国家資格取得や専門的な知識・技術の習得に的を絞ったカリキュラムが用意されています。

リハビリ専門学校といってもいくつもありますので、もしリハビリテーション職に興味を持った場合は、各学校の授業内容やイベント、就職支援体制などをよく比較してみてください。

リハビリ専門学校の学費、費用

リハビリ専門学校の学費

リハビリ専門学校の学費は決して安いわけではありませんが、学校によって違いがあるのも事実です。

年間の学費は140万円程度のところが多いですが、初年度は入学金が別途30万円程度必要になってきます。

卒業までにかかる学費は昼間部・3年制で450万円程度、昼間部・4年制になると600万円近くかかることがあります。

なお、学費には入学金、授業料、施設設備費、実習費が含まれているのが一般的です。

実習にかかる費用をよく確認しておく

作業療法士・理学療法士・言語聴覚士といったリハビリテーション関連の国家資格をとるには、在学中の「実習」が必須となります。

この実習は、数日程度で終わる「見学実習」もあれば、4ヵ月程度にわたる「臨床実習」もあり、学校によって実習先や具体的な期間が異なるため、場合によっては多くの費用が必要となるケースがあります。

多くのリハビリ専門学校では、学費に実習費は含まれているようですが、一見学費が安く見える専門学校の場合、実習代は別途かかる可能性があります。

「実習にどの程度のお金がかかってくるのか」という点は、リハビリ専門学校に進学するうえでは必ず確認しておくことをおすすめします。

夜間部で学ぶ場合

リハビリ専門学校の多くが「昼間部」となっていますが、一部の学校では夕方から夜にかけて授業が行われる「夜間部」も設置されています。

夜間部も3年制と4年制の学校がありますが、昼間部よりも凝縮したカリキュラムとなっている分、学費はやや安めになっていることが一般的です。

夜間部であれば、だいたい年間の学費は100万円~150万円におさまってくるでしょう。

リハビリ専門学校の費用

リハビリ専門学校で学ぶには、上記で見てきた学費以外にも諸経費が必要になります。

たとえば、テキスト代・教材費、白衣代、学生保険料などは別途かかることが多く、れらの合計で年間に数十万円程度はかかってくると見ておいたほうがよいでしょう。

加えて、学校に通学するための交通費、実習先に移動するための交通費、一人暮らしをして通学する場合には家賃や生活費なども必要になるでしょう。

学費サポート制度について

このように、リハビリ専門学校で学ぶにはまとまったお金が必要になりますが、経済的な不安を抱える人に向けて、学校によって「学費サポート制度」も用意されています。

たとえば、学業が優秀な人などを対象に授業料が免除されることがある特待生制度、また学校独自の奨学金、あるいは国や民間の教育ローン制度を使うことも可能です。

ここでは、リハビリ専門学校で学ぶための学費や費用について見てきましたが、具体的な内容は各学校で異なっています。

詳しい情報については、各学校のホームページなどで最新の内容を確認しておきましょう。

リハビリ専門学校の就職先、就職率、卒業後

リハビリ専門学校の就職先

リハビリ専門学校のおもな就職先は、病院などの医療施設や介護老人保健施設です。

とくに病院へ就職する人の割合が多くを占めてくるのが特徴です。

なお、リハビリ専門学校のなかには、系列グループ関連の病院や福祉施設を持つところがあります。

そうした専門学校を卒業すると、在学中の成績や意欲などにもよりますが、優先的にグループ内の病院などへ就職できるといった特徴があります。

もちろん、グループ外の就職先を希望することも可能ですが、より確実に就職を目指していきたいのであれば、そういった大きなグループのリハビリ専門学校を検討してみるのもよいかもしれません。

リハビリ専門学校の就職率

リハビリ専門学校では、リハビリテーション職に就くにあたって必要とされる知識と技術を基礎から身につけ、実習なども通して実践力を高めていきます。

数年間かけて在学中のカリキュラムを修了し、最初の関門となるのが国家試験の受験です。

国家試験は受ければ誰でも合格となるわけではなく、実際に不合格者も出ています。

しかしながら、リハビリ専門学校では毎年全国平均よりも高い試験合格者数を誇っているところも多いことが特徴です。

その先の就職についても、就職率は具体的な数字を発表している学校と、そうでない学校がありますが、リハビリ関連の有資格者が求められる場所はたくさんあるため、きちんと国家資格を取得できれば就職にもつながっていくでしょう。

さまざまな就職サポート制度がある

リハビリ専門学校では、国家資格を取得してリハビリ専門職へ就きたいと考える学生が多数学んでいることから、就職サポートには力を入れています。

たとえば、業界とのネットワークを生かした独自の求人情報が豊富であったり、就職セミナーやガイダンス、個別進路相談なども入学直後から積極的に行われています。

こうした専門学校のさまざまなサポートを受けながら、自分が思い描く道へ進んでいきやすい環境となっています。

リハビリ専門学校を卒業した多くの人たちは、国家資格を持ち、希望通りの就職を実現させています。

学校ごとに就職先の傾向に違いがありますので、気になる人は各学校の就職状況について調べてみてください。

リハビリ専門学校の入試、志望動機、面接

リハビリ専門学校の入試

リハビリ専門学校の入試は、一般的に「AO入試」「推薦入試」「一般入試」の3種類の方式で行われています。

AO入試は学業などの成績ではない受験生の能力や学習意欲、熱意、向上心などを評価する制度となっており、最近では多くの専門学校がこの入試を実施しています。

なお、AO入試の応募に際しては、事前に学校説明会やオープンキャンパスへの参加が必須となっている場合が多くあるため注意が必要です。

次に推薦入試は、「指定校推薦」や「高校推薦」などがあり、前者は専門学校が指定する高校からのみ応募できるもの、後者は高校の学校長などの推薦を受けて応募できるものとなります。

最後に一般入試は、学歴などの応募資格を満たす人であれば、自由に応募することができるものです。

こちらの入試方法であれば大学などとの併願も可能な場合が多いです。

リハビリ専門学校の志望動機の考え方

リハビリ専門学校への進学を考える人は、その先に国家資格取得や、就職を頭に入れていることがほとんどであるはずです。

そのため、自分がその職業に就きたいと思ったきっかけや、卒業後はどのように働いていきたいのかなどをイメージし、言葉にしていきましょう。

具体的な体験談を交えて話せると、他の受験生とは少し異なる志望動機に仕上がるでしょう。

また、多くのリハビリ専門学校があるなかで、その学校で学びたいという気持ちを伝えることも大事です。

受験校の特色をよく調べたり、学校見学などへ訪れた際に自分が魅力的だと感じたポイントを志望動機の中に含めてみましょう。

リハビリ専門学校の面接のポイント

リハビリ専門学校の試験内容は、各学校や学科・コースによっても異なりますが、書類審査、筆記試験、面接、小論文などがよく行われています。

このなかで、面接は受験生の人柄や意欲などを判断するために、どのような入試方法を選んだとしても実施されることが多いです。

面接で問われるのは、おもに自己PRや志望動機などで、そこまで難しいことではありません。

ただし、目指す職業に対する理解度を問われるような質問をされることもあるので、その仕事がどのような役割を持っているのか、将来はどのような場で活躍していきたいのかなどは調べたり考えたりしておくとよいでしょう。

また、リハビリ専門学校では、人の健康に関わる勉強をするため、誠実さや清潔感なども重要視されます。

リハビリ専門学校はいくつもありますが、学校によっては立地条件などから人気が高く、きちんと準備をしていないと不合格になってしまう可能性もあります。

入試情報は各学校が事前に必ず発表しているので、それをよく確認して試験に臨みましょう。

リハビリ専門学校のオープンキャンパス

リハビリ専門学校のオープンキャンパスとは

いま、多くのリハビリ専門学校で「オープンキャンパス」といわれるイベントが開催されています。

オープンキャンパスとは、その学校に興味を持つ学生や保護者などを対象とする学校公開イベントで、おもに学校見学やカリキュラム説明、進学相談、体験授業などが受けられます。

オープンキャンパスに参加することで、「この学校で学びたい!」という思いが強くなるかもしれませんし、逆に「ちょっと合わないかも…」と感じる部分が見えてくる可能性もあります。

いろいろな「生の情報」を得るにも、オープンキャンパスは良い機会になるのではないでしょうか。

リハビリ専門学校のオープンキャンパスの内容

オープンキャンパスで行われるプログラムのうち、とくに人気があるのが体験授業で、そこでは、実際にリハビリ専門学校で行われる講義や実習などの授業を体験することができます。

例えば、「ビギナーズ・リハビリ体験ゼミ」「テーピング体験」などの模擬授業を用意している学校もあります。

また、理学療法科が設置されている学校では、物理療法体験など、専門的な授業を体験することができる場合もあります。

リハビリ専門学校では、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士それぞれの学科が設置されていることが一般的であり、オープンキャンパスは各学科に関する仕事内容や活躍の場などを知るチャンスにもなります。

積極的に参加すると良いでしょう。

リハビリ専門学校のオープンキャンパスに参加する際の注意点

専門学校によっては、オープンキャンパスへの参加希望時にはホームページ上などから事前申し込みが必要な場合があります。

最新スケジュールをチェックして、参加条件なども確認したうえで参加してください。

なお、オープンキャンパス当日の服装などは自由であることがほとんどですが、あくまでも受験生であるという認識を持ち、相手に不快感を与えるような奇抜な格好はしないほうがよいでしょう。

最近では、多くの専門学校がオープンキャンパスに力を入れており、月に何度も開催する学校も出てきています。

有益な情報が得られるチャンスにもなりますので、志望度の高い学校や気になっている学校については、ぜひ一度は参加してみることをおすすめします。

夜間のリハビリ専門学校

夜間のリハビリ専門学校とは

リハビリ専門学校の夜間部は、学校によって「3年制」のところと「4年制」のところがあります。

時間割は、朝から授業が行われる昼間部とは異なり、夕方以降(18時くらい)から夜(21時くらい)にかけてとなっています。

1日の授業数は昼間部よりも少ないですが、その分、密度の濃いカリキュラムが用意されており、昼間部と同じように国家試験の受験資格も得られます。

土曜日や日曜日には「補講」として、希望者のみフォローアップを行っている学校もあるようです。

なお、夜間部でも国家試験の合格率や就職率が大きく変わるわけではなく、本人がしっかりと学びたいという気持ちがあれば、学校のサポートを受けながら希望の進路を目指していくことができます。

リハビリ専門学校の夜間部にはどんな人が通っている?

ざっくりいえば、「働きながら学べる」のが夜間部の最大の特徴です。

実際に、夜間部に通学している学生の多くが昼間に仕事をしながら学び、国家資格取得や転職を目指しています。

そのため、夜間部のクラスでは高校を卒業したばかりの18歳くらいの人から、40代以上の人までが一緒に学ぶことも珍しくありません。

なかには大学とのダブルスクールで夜間部に通っている人もいるようです。

リハビリ専門学校の夜間部のメリットとデメリット

リハビリ専門学校の夜間部に通うメリットは、やはり昼間部の通学が難しい人でも学べるチャンスが得られるということだといえるでしょう。

現在の仕事を続けながら、国家資格取得や転職を目指していくこともできるので、経済的な不安がある人にも適しています。

また、夜間部の学費は昼間部よりも抑えられている学校が多いため、その点も魅力的だといえるでしょう。

一方、デメリットとしては、昼間部よりも短時間で学ぶ内容が多いために、主体的に勉強に臨む姿勢や、予習復習などの時間をとることがより強く求められてくる可能性があるということです。

とくに仕事をしながら夜間部に通う場合には、疲れていたリ、眠たかったりするなかで勉強を続ける強い意志が必要になります。

場合によっては休みを削って勉強しなくてはならないこともあるかもしれません。

夜間部にもメリット・デメリットがありますので、自分の学びたいスタイルに合わせて学校選びをしてください。

なお、夜間部のあるリハビリ専門学校は昼間部のある学校に比べて数が少ないので、もし夜間部に通いたいと考えている場合は、その点にも気を付けておきましょう。

リハビリ専門学校では、「理学療法士(あるいは作業療法士・言語聴覚士)になりたい」といったような、明確な目的意識を持つ学生が目標に向かって勉強をしていることが特徴です。

ただし、ひとくちにリハビリ専門学校といっても、学校によって時間割や学内イベント、実習先、就職サポート体制、学費などには違いがあります。

さまざまな学校を比較しながら、自分にとって理想のところを選んでください。