作業療法士の仕事内容

作業療法士の仕事とは

作業療法士は、けがや病気などによって障がいを負ってしまった人に対して、日常生活で行われるさまざまな「作業」を通して、日常生活に必要な能力を高めるリハビリを行う職業です。

職業の英語名「OccupationalTherapist」の略称から、「OT」と呼ばれることもあります。

作業療法士が支援する作業は、食べる、入浴する、着替えるといった日常作業や、手芸や園芸などの趣味の領域の作業、計算やパソコン操作などの職業訓練領域の作業まで、非常に多岐にわたります。

さらに、身体的な能力を回復させるだけでなく、精神的なケアも併せて行うという点に大きな特徴があり、からだとこころの両面から患者を支え、日常生活復帰や社会復帰を全面的にサポートします。

作業療法士は、あらゆる作業を通して、個々の患者がその人らしい、生き生きとした生活を送れるように手助けをする役割を担っています。

作業療法士の業務の内容

身体的なリハビリ

作業療法士が行う身体的なリハビリは、「日常動作訓練(ADL)」と呼ばれる、日常生活を送るうえで必要となる「応用動作」の機能を回復させる訓練が主です。

理学療法士が行う、立つ、座る、歩くといった「基本動作」のリハビリを終えた患者に対して、そこから一歩進んで、食事やトイレ、着替え、料理、洗濯など、より複雑な動作を必要とする作業を行います。

応用動作には、判断力や記憶力も求められますので、筋力や体力だけでなく、同時に脳機能の強化にもつながります。

また、日常動作だけに留まらず、書道、園芸、木工、裁縫、体操、楽器の演奏、将棋など、一般的に趣味とされる作業も積極的に取り入れ、細かな手先の動作など、より高次機能の回復を図ります。

さらに、読み書きや計算、パソコン操作、銀行や役所・公共交通機関の利用など、社会復帰するための訓練や職業訓練を行うこともあります。

精神的なリハビリ

作業療法士は、うつ病や統合失調症、認知症、てんかん、アルコール依存症など、精神疾患を抱えた患者に対する精神面のリハビリも手掛けます。

具体的な業務は患者の病状によってさまざまですが、精神的な負担を軽減するために不安や悩みの相談に乗ったり、家庭や職場の関係者と面談して環境の改善を図ったり、地域活動への参加を促したりします。

上述の身体的リハビリと併せて実施することで、たとえば新しい趣味ができるといったように、患者の生活の質を高めていくことができます。

とくに、高齢者については、身体的リハビリを行っても劇的な回復を望みにくいケースが多いため、精神面のケアがより重要になります。

趣味や地域活動などによって、患者が自分なりの「生きがい」を見出すことができれば、多少身体が不自由でも、外出したりする動機となり、社会からの孤立や、寝たきりを予防することにつながります。

作業療法士の役割

病気やけがによる後遺症や麻痺、あるいは老化に伴う身体機能の衰えなど、何らかの理由で作業がうまくいかなくなると、日常生活を送るうえで不自由になるだけでなく、無力感や不安を覚える人もいます。

なかには、自分に自信を失くして、人付き合いが疎遠になったり、ふさぎこんでしまうケースもあり、もっとひどくなるとうつ病を発症してしまうこともあります。

作業療法士は、そうした患者に対して、身体機能を取り戻すための訓練を行ったり、あるいは残された身体機能を最大限に活用し、できる限り自力で生活できるようにするための指導を行います。

そうすることで、患者は失われた自信を取り戻し、再び自分らしく、前向きな人生を歩んでいけるようになります。

ときには、リハビリを経験することによって、これまでになかった新しい趣味ができたり、新しい人間関係が生まれたりすることもあります。

作業療法士の役割は、さまざまな作業を通して、患者がその人らしく生きていくための手助けをすることだといえるでしょう。

作業療法士の勤務先

作業療法士の勤務先として最も一般的なのは、総合病院や大学病院、クリニックなどであり、循環器科や整形外科、小児科、精神科などの患者を診療する医療機関が対象となります。

また、障がい者施設や児童福祉施設といった福祉の分野、老人保健施設や老人ホーム、デイケアセンターなどの介護の分野にも多数の就職先があります。

さらに、地域包括支援センターや保健センターなど、地方自治体が運営する保健分野の行政施設で、公務員として働く作業療法士もいます。

そのほか、就労支援事業施設やハローワークなどで職業訓練を手掛ける人や、発達障がいを抱える子どもたちが通う特別支援学校で教育に携わる人もおり、さまざまな分野で作業療法士が活躍しています。

作業療法士の勤務先の種類・活躍の場

作業療法士の仕事の流れ

作業療法士の仕事は、まず医師から各患者に対するリハビリテーションの指示を受けるところから始まります。

けがや病気などで、身体障がいを抱えた患者に対しては、まず理学療法士が、立つ、座るなどの基本動作を回復させるための訓練を行い、その後、患者を引き継いで作業療法士が応用動作の訓練を行います。

通常、リハビリの成果が表れるまでには長い時間がかかりますので、さまざまな作業を試したり、プログラムを見直したりして、辛抱強く一人ひとりの患者と向き合いながら治療を続けます。

また、たとえば脳梗塞で右半身に麻痺が残る患者に対しては、左利きになるための訓練を行うといったように、残された身体機能で日常生活を送れるようにするための指導も行います。

やがて、心身ともに完全に健康を取り戻すか、あるいは機能の回復にある程度の目途が立ったら、退院する、転院する、ほかの施設へ入所するなどして、一連の業務はひとまず完了となります。

ただし、退院後も、定期的に通院して外来でリハビリを続ける患者もいますので、担当患者が退院すればすべて終わりというわけではなく、一人の患者と長年にわたってつきあい続けるケースもよく見られます。

作業療法士と関連した職業

理学療法士

理学療法士は、作業療法士と同じくリハビリを専門とする職業であり、作業療法士の略称「OT」に対して「PhysicalTherapist:PT」と呼ばれることもあります。

理学療法士は、立つ、座る、歩く、寝返りをうつなど、日常生活を送るために必要となる基本動作に関するリハビリを手掛け、マッサージなどの物理療法や、歩行訓練などの運動療法が専門です。

また、作業療法士のように精神面のケアを行うのではなく、身体機能を回復させるためのリハビリのみに特化しているという点も特徴的といえます。

理学療法士の仕事

言語聴覚士

言語聴覚士も、作業療法士と同じリハビリ専門職ですが、話す、聞く、読む、書く、食べる、飲み込むといった動作のリハビリを専門に手掛けます。

そうした機能に障がいが生じる原因はさまざまであり、失語症や認知症など、脳機能に異常がある場合や、のどや耳に異常がある場合、あるいは心理的に問題を抱えている場合もあります。

このため、理学療法士・作業療法士とはまた別の専門知識とスキルが必要であり、3者が連携してリハビリを行うケースも少なくありません。

言語聴覚士の仕事

音楽療法士

音楽療法士は、患者に音楽を聴かせたり、患者と一緒に歌ったり、楽器を演奏するなどして、音楽がもつ生理的・心理的効果によって患者の治療を行う職業です。

上記に挙げたリハビリ職とは異なり、国家資格はありませんが、音楽療法士として働くには民間の認定資格が必要になるケースが一般的です。

音楽療法には、不安やうつ状態を和らげたり、社会性やコミュニケーション能力を育む効果があるとされており、日本ではまだそれほど知名度があるとはいえないものの、海外では広く取り入れられています。

音楽療法士の仕事