臨床検査技師の給料・年収

平均年収

ある統計によると、臨床検査技師の平均年収は470万円前後となっています。

ただし、この数字は勤務年数や企業規模を考えずに、臨床検査技師全体の平均値であるため、おおよその目安となります。

なお、臨床検査技師の新卒の初任給は20万円前後となりますが、経験者の場合は一部高収入を見込める求人もあります。

ある統計によると、年齢別の臨床検査技師の年収は働き盛り世代である40代で、男性が600万円ほどであり、女性は500万円台前半です。

さらに管理職が多くなる55歳から59歳では、男性の平均年収は700万円近くにまで達します。

女性と男性では50歳ぐらいまでは男性の年収が多くなっていますが、それ以降では差が縮まる傾向にあります。

勤務先の規模によっても年収の水準が異なる

さらに、臨床検査技師としてどの程度の規模の病院などで働くかも、年収に大きく影響します。

10人以上在籍する職場の平均年収は430万円程度ですが、1000人以上の場合では500万円前後になるのに対し、100人未満の場合では425万円ほどの年収とされています。

病院以外にも、臨床検査センター、予防医学センター、製薬会社、医療機器メーカー、保健所など、臨床検査技師の活躍の場は多岐にわたっており、勤務先の種類よってだいぶ収入にも違いが出てきますが、全体的にはやはり規模が大きなところのほうが給料や待遇は良い傾向にあるようです。

このほか、賞与(ボーナス)の支給有無によっても、年収には幅が出てきます。

就職活動においては、自分がどのくらいの大きさの病院や企業で働くかも年収に影響することを念頭に置いて応募先を考えるとよいでしょう。

夜勤がある場合も

検査センターや一部の病院などでは、夜勤を含むシフト制で勤務することがあります。

夜勤が入ると「夜勤手当」が付くために、比較的高めの収入を得ている人も多いようです。ただし、不規則な勤務形態になることも覚悟しておく必要があります。

臨床検査技師の平均年収統計

厚生労働省による平成27年賃金構造基本統計調査によると、臨床検査技師の平均年収は38.4歳で475万円となっています。

・平均年齢:38.4歳
・勤続年数:10.9年
・労働時間:162時間/月
・超過労働:10時間/月
・月額給与:321,000円
・年間賞与:898,400円
・平均年収:4,750,400円

出典:厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成28年 臨床検査技師の年収(規模別)

臨床検査技師の年収は、勤務先の事業所の規模が1000人以上だと、やや高くなる傾向にあるようです。

10〜99人の事業所に勤める臨床検査技師の平均年収は419万円、100〜999人規模は443万円、1,000人以上規模は529万円、10人以上規模平均は475万円となっています。
臨床検査技師の年収(規模別)_28

平成28年度 臨床検査技師の年収(年齢別・男女別)

臨床検査技師の年収は、年齢とともに上昇しています。女性の年収も年齢とともに上がっていきますが、男性よりも上昇の幅はゆるやかです。

男女別の平均年収は男性514万円、女性459万円となっています。

臨床検査技師の年収(年齢別)_28

勤務体系は?

医療系の仕事の中では比較的規則正しい勤務時間となりますが、人手不足のところでは休む暇もないほど忙しい状況になることもあります。基本的には日中の勤務となりますが、病院によっては夜勤があるときもあります。

また、病院や診療所での勤務の場合、休日はシフト制です。医療の現場の人数が足りずに休日出勤をすることもあります。